C70当日について

当日についてグダグダと書きます。
先に言っておくと、もう少し文章をまとめるという事をしたほうがいいと自分で思いました。
参加は3日目のみ。写真は取ってないので無いです。時計をあまり見ていないので時間は適当。


前日(ってか当日)、夜の3時までマップを制作。カタログについてくるマップに手書きでチマチマと書き込んでいく。最近はPCでプリントアウトしている人が多いですが自分はコレが一番見やすい。
家を出るのは5時20分なんで2時間だけ睡眠を取る。


6時に新大新から幹線線に乗り込んで東京へ。新幹線内ではBGMにlimp bizkitの1stを聴いてテンション上げながらトンカツ弁当を食べる。その後はほとんど寝てばかりでした。2時間睡眠だけだときつい。
約3時間で東京駅へ。降りた瞬間、弁当のせいかトイレに行きたくなったので慣れない東京駅で必死にトイレ探し。東京来ていきなりトイレとは嫌なスタートだ。
用を済ませたら東京→新木場→国際展示場の定番コース。9時だとまったく混んでいません。普通に座れる。ビッグサイトに着いたのは9時40分ぐらい。会場をぐるっと一回りする形に並ばされました。恐ろしい程暑いというわけでもなく、雨もふっていない良好な天候でしたが、並ぶのはやっぱり辛い。汗がダラダラ出る。
入場したのは10時半くらいでした。あの階段を登る時のワクワク感が好きだ。


入り口すぐの自販で飲み物を蓄えてから企業へ。まず向かうは今年最後のコミケ参加になる「ねこねこそふと」。
しかしブースを覗くと既に完売の表示が〜!ねこ4コマ本が今回一番楽しみにしてたのに、これはキツイ。通販頼めばよかったなぁと思いながら最後になるであろうデモを見ながらちょっと2つの意味で泣きそうになる。
さようなら、ねこねこそふと。
その後「light」のセット、「alchemist」でびんちょうたんセットを購入。「UNiSONSHIFT」のわんもあ原画集と「leaf」のセットは既に売り切れていました。オーガストとtypemoonは恐ろしい長列だったのでスルー。
紙袋一つで戦利品が持ち運べるか不安を感じながらも一番のターゲットである西へ突撃。時間はたぶん11時ちょっと。


最初に行ったのはAIRアレンジを出す「WAVE」。ネットの前評判から少々並ぶかなと思いましたが、この時間ではまだ並べず買えました。
それからひたすらCD漁り。意外にも(?)この時間に並んだのは「iemitsu」。結構長い列が出来ていました。正直、ここが列を作るとは思わなかった。スグリアレンジ効果か?ハケがかなり悪かったですし、新作が多くて会計にてこずってただけかも。中の人もパニックで「なんだこの列はー!」と叫んでましたw
企業がすぐ終わったのが良かったのか、その後はCD、ゲームとも順調に購入出来ました。唯一新作が買えなかったのは「S.C.X」のみ。かなり早い段階に売り切れていた模様。HP視聴の夏影がヤバイ出来だったからなぁ。
同人誌は東方関連が一部売り切れ。東方の同人誌で一番期待していた「丸D2」の新作が買えなかったのはショック。「T2 ART WORKS」が長列だったのでスルー。紙袋が良い出来だったのでちょっと心残り。同じく長列だったハースニールはいつも閉会間際まで売ってからまず大丈夫だろうと思い後回し。
その他印象に残ったのは
・「asa project」のトートバッグが思っていたより良い出来。有効に使わせて頂きました。
・「シャープネル」のスペースに外国人が集まってました。なんというか…っぽいなぁ。
・「Pizzicato Strings 」でおつりだけ貰って、CDを貰うのを忘れるという珍プレイをかましました。
西を回り終えたのが12時半ごろ。例年に比べかなり早いペース。大量のCDにより荷物が早くもありえない重さに。
いつもならここで企業の無料配布に並びに行くのですが、無料配布に並ぶ時間がもったいなく思い、東へ。


前回の冬コミでは惨敗だった東。今回もおなじく戦果はよろしくありませんでした。けど前回は周りが既に撤収を始めているような状態だったのに比べ、まだ売っているサークルさんが多かったので熱気があって楽しかった。
ミスったのが大手。「和」「ぺたぺただん」が長列になっていたので後回しにしたら、どちらも帰ってきて並ぼうという所で売り切れ。和は一番お気に入りのサークルの一つなんでショック。もう少し持つと思ったんだけどなぁ、並んどけば良かった。他にもいくつか目の前で売り切れってのがあった。ダメージでけー。
東の大手で買えたのは「rengawork」ぐらいか。
チェックしていたサークルは大体回ったんでハースニールのために西へ。予想通り在庫はまだまだある様子。T2の方は売り切れでした残念。


ハースニールで買い終えたら、企業へ。この時間になると珍し見たさに来たのか、場違いな一般人のと思われる人を何人かみました。誰もが引きつった顔。まぁ、それが普通の反応だよなぁ。中に入ったら秋葉原と違って、見てて楽しいって空間じゃないだろうし。
企業に行ったらrussel(ライアーソフト)の無料配布に並ぶ。列はあんまり長く無かったです。配布はブースまで行かず外で。終わったら目の前で行っていたRUNEの配布が列無し状態だったのでもらいに。同じ事する人がいっぱいいると思ったけどほとんどの人がRUNEはスルーだったなぁ。


残り時間は東で創作系でもあさろうかと思い、再度東へ。しかし荷物の重さがハンパ無く、手も限界になっていたのでほとんど回れませんでした。ここまで来ると本を拝見するために荷物を降ろすという動作が苦痛だ。
金もあまり残ってなかったので外で休みを入れながらぼけーと東を回って空気を楽しんでいると、終了の放送があったので荷物を降ろして拍手。この瞬間が好きだわ。


外に出て定位置になりつつある、三角の建物の柱に寄りかかりながら戦利品をダイマルの紙袋に詰め込む。asa〜のトートバッグは外で使ってもあまり恥ずかしくない柄なのでそのまま。この戦利品を整理している時も今年もコミケが終わった〜という感じがしてお気に入りの瞬間。
整理終えたら帰路へ。今思うと最後になるねこねこのトークを覗いてもよかったかもなぁ。
国際展示場の入り口付近で前の人はキラークイーンの「Flat」さんのうちわを持っているのを見てFLATをリストに追加するのを忘れていた事に気付きました。しまったー。

ねこねこの紙袋を持っている人を見かけるたび沈んだりしてましたが、今回も楽しかったー。
夏コミ全体としては、天候も良く、コミケ日和でした。
コスプレはハルヒがいっぱいいた。どこもかしこもハルヒだらけ。
しかし一番印象に残ったレイヤーさんはパイレーツオブカリビアンのキャプテンスパローのコスプレ。むっちゃ似てた。
全体的には無難なコスプレが多くて印象に残る人は少なかったなぁ。
仕様金額は約9万。購入したブツを知りたいという特異な方は、購入予定リストページを手抜きに変えた戦利品報告ページへどうぞー。


それでは参加した皆さん、お疲れ様でしたー!
そして無駄に長く、中身の無いこのレポを読んでくれた人もお疲れ様でした(ぉ