彼岸の此岸 / nuko

故・堀部秀郎氏がキャラデザを勤めたノベルゲーム体験版。プレイ時間は3時間ほど。


立ち絵表示が少々遅いのが気になった。特にラストのおまけコーナーでは表示の遅さでかなりテンポが悪くなっている。
キャラ絵はそれなり。ちょっと表情が硬いか?
背景はゲームの現実的でない世界観に良くあっていると思います。霧の描写が良い感じ。


主人公が知らぬ間に変な世界にいる所から始まります。現状がまったく理解できない主人公は同じ境遇の人達と出会い、この世界はどうなっているのか探っていく。
というストーリー。
最初の「影と光」のイベントのおかげで舞台になる世界の奇妙さをうまく表現しています。
直接的な怖さがあるわけでもないのに、静かなおかしさを感じる舞台設定は面白い。
話自体は緊迫感がなく淡々としている印象。そのおかげでこの世界観が演出できているのかも知れませんが、イマイチ盛り上がりに欠けるか?
まだ気になる伏線が出てきたりしていないので、これからの展開によって面白くも、単調にもなると思います。
舞台設定がいいだけに、話も面白くなって欲しい所。


プレイ中ずっと気になっていたんですが、
食事はどうしてるんだろう?><黙れ