匣の中の楽園〜ハコノナカノトモダチ〜 / 白城るた

BL系なども制作されている人が作ったノベルゲーム。プレイ時間は45分程度。


遊んでる女子高生である自分に嫌気を感じてきた主人公。ひとりで視聴覚教室のパソコンを弄っていると偶然、知らない人「コバヤシ」とメールのやりとりをするように。ってなあらすじ。
このゲームはBLなどの要素は無く、いたって普通の話。それでもやはり、どこか乙女ゲ、少女マンガっぽさがあります。といっても自分はそっち系を読んだ事がほとんど無いのでステレオタイプなイメージによる印象です。
どうしてもこういうのは苦手意識があるな。一歩引いて読んでいました。


自分的にはイマイチかな。悪いとは言わないけど、普通レベルだったかと。オチは途中で読めようなモノでした。
普段こういうゲームをやらないので、新鮮さはありました。