FLYLEAF / FLYLEAF

同人CDレビューはひと休憩して 、一般CDのレビューを。


ラウパ06の出演予定に発表された時に知らないバンド名「FLYLEAF」を見つけたので、早速ネット上で音源捜して「I'm so sick」を聴いた所、ツボを直撃。新人バンドでCD衝動的にCDを買いに行ったのは久しぶりだな。


女性ボーカルのヘビィロックバンド。よくエバネッセンスと比べられていますが、ゴシック色があるわけでも無いし、ボーカルの歌い方も違うので、ぶっちゃけ全然似てません。
まだOTEPの方が似てるような。いや、そこまで激しくないか。


音はポップな女性ボーカルにグランジを加えたヘビィロック。
ミドルテンポの攻撃的なギターリフで持っていく曲調はデフトーンズに通じるところがあるかも。自分の大好きなタイプの曲調です。ギターが気持ちよすぎる。
このバンドが語られてると、どこも女性ボーカルに焦点が当てられていますが、一番の聴き所はギターだと思う。
ボーカルは基本的に普通声で歌うのですが、時たま思いっきり叫んでます。これが結構迫力ある。
メロディはキャッチーな聴きやすいメロディあり、漂うように妖しく歌い上げる所ありでグッド。切り替わりが上手い。
ちなみにボーカルの見た目はPVみるかぎりじゃ悪くないんだけど、写真によっては微妙なのも。背がちっちゃくて胸が無いです(だまれ

ミドルテンポのヘビィロック好きにはオススメ。捨て曲無しです。⑩はPVで聴くと微妙かと思ったけどアルバムだと全然気にならない。こういったバンドにありがちな、モロなバラードが無いのも俺好み。
お気に入り曲はぶっ飛ばされた①。ウィスパー調に歌い上げるイントロから叫ぶ瞬間がカッコよすぎる。そのあとのサビのメロディも良い。デフトーンズの2ndを思い出させるようなベースも最高。文句無し。面白い曲構成だな。
他にも涙腺直撃なメロディの⑤、⑨、⑪。リフのカッコイイ②、⑧もイイ。⑦の一瞬だけ出てくるメロディもなかなか。


つい首を振ってしまうギター。それに乗っかるボーカルは歌い上げ、叫ぶ。個人的には久しぶりにヘビィロックでの大ヒット。延々とリピートしてる。オススメです。
もう少しシャウトが増えて静と動の切り替わりがはっきりしたらさらに良いバンドになりそう。インタビューで「今アルバムはシャウトを抑えろ言われた。自分はもっと叫びたい」といってたから期待できそう。
でも、それなりに雑誌でプッシュされてるけど、日本では盛り上がらない気がするなぁ。次アルバムの国内版が出るかもわからん。

フライリーフ(3ヶ月限定スペシャル・プライス)フライリーフ(3ヶ月限定スペシャル・プライス)
フライリーフ

BMG JAPAN 2006-09-06
売り上げランキング : 1725
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools