C70その28 紅蓮黒華 & SI-STYLE/R1 / Sound Iemitsu.

紅蓮黒華-HARDCORE from S.Iemitsu- / Sound Iemitsu.

オリジナルのハードコアコンピ。良盤です。今回のイエミツのベストCDの一つ。


同じハードコアでもタノシーに比べ、重い低速曲から、速いトランスコアまでとジャンルが幅広い。ハードコアの捉え方が違う感じ。
聴いてて体が勝手に動いてしまう曲が満載です。


①はザクザクしたギターリフとメタルパーカッションが絡み合う重いバンドサウンドっぽい曲。ギターリフがかっけー。ドラムの入り方も王道で最高!1曲目からやられます。②もギター有り。こちらはテクノ寄り。勢いがあって良い。
③はほぼリズムオンリーのハードコア。バスドラが気持ち良いです。徐々に盛り上がって1:10秒からのリズムが神掛かってる。暴れずにはいられません。CDで一番好きな曲。
④もリズムがメインのドリルン。どんどん変わっていくリズムがヤバイ。これも良曲。⑤は低速エレクトロニカ。⑥はいかにもハードコアな4分打ち。シンセが王道ですな。⑦は大好きなt+pazoliteさん。お得意のトランスコアで相変わらずカッコイイ。
⑧⑨⑩はトランス系。⑧は爆発した時のシンセがなかなか。⑪は明るいハードコア。ちょい印象薄い。⑫はノリノリなレイブ。レイブシンセはテンションがアガるね。
ラスト⑬はBMS大会be happy2に参加したHow Magnificent !!のニュースタイルリミックス。原曲の爽やかさが残っていてアルバムの締めくくりにはぴったり。


良曲が多くて大満足。曲がバラエティに富んでるからダレる事も無いです。
聴いている時はノれる。聴き終わった時の後味も良い。オススメ!

SI-STYLE/R1 / Sound Iemitsu.

イエミツのオリジナルアルバム初期3枚のリミックスアルバム。


ほとんどの曲が中速、低速のトランス。無難なアレンジといった所でしょうか。悪くは無いけど特別良くも無い。
しかし③④⑧はかなり良い。特に③④の流れ。
③はブレイクビーツ+ふわふわしたメロ。リズムが高速になってからが最高。④はエコーがかかりまくったピアノソロ。メロディが変則的。この2曲が不安定な世界観を作り出していて面白い。


CD全体ではイマイチ印象が薄いかな。平均より上と思えるのが上に挙げた3曲だけでした。