fruits e´tranges / 透明少女

オリジナルアルバム。


ドラムン、ノイズ、アンビエントといったいわゆるIDM系のサウンド。
冷たくスタイリッシュな音は本格的と言える。良い意味で同人音楽らしく無いです。
kanabunさんのドラムン系トラックのブレイクビーツは半端無くカッコイイ。
しかし、CD全体のメロディ(ウワモノ、SE)が自分には全然合わなかった。
アンビエント/ノイズ系は浸る前に退屈してしまう。
気に入ったのはkanabunさんのドラムン系トラック????だけでした。これも曲が好きというよりブレイクビーツが好きと言った方が良いのかもしれない。


音の作り方とかセンスあるなぁと思うんだけど、どうも自分の好みとは合致しませんでした。
もうちっと確かなフレーズが存在する曲のほうが自分の好みなんだと思います。