Summer Flowers / Florist Cafe

「誕生花」と「花言葉」にスポットを当てたKEY&LEAFアレンジ。出典元はAIRCLANNAD、ONE、雫。
ちなみこのCDはM3でも頒布するそうです。



7月〜9月が誕生日のキャラのアレンジを収録。
夏らしい開放感のある空気がCD全体に流れてる。
楽曲は緩い感触で聴いてて疲れないです。平和な気分になる。


PopKornのメンバーが中心になっているこのサークル。ライナーノーツの充実ぶりは引き継がれています。
キャラへの愛の篭った文章と可愛らしいイラストで読み応えたっぷり。
イラスト参加の人たちのコメントも載ってるのが昔の同人CDらしくてニヤッとする。
やはり溢れんばかりの愛が感じられる同人CDは良い!


①「夏影(AIR)」の和風ラテンフレーバー(?)なアレンジ。キャラは観鈴(ばら:温かい心)。元気が良くて気持ちのいいアレンジです。中盤の和風パートがすごく好き。今作で一番お気に入りです。観鈴と明るい曲の組み合わせはらしいなと思うと同時に悲しさも混みあがってきて感傷深いものがある。
②「瑠璃子(雫)」。キャラは瑠璃子(花たばこ:君あれば寂しからず)。少し懐かしい感じのするアレンジです。
③「それは風のように(CLANNAD)」のリコーダー+ウクレレアレンジ。キャラは藤林姉妹(うら菊:追憶)。ソフトな音色で日向を浴びるような心地よさがある。
④「乙女希望(ONE)」。キャラは七瀬(つつじ:愛の喜び)。夏を感じさせる陽気さと乙女を感じさせる可愛らしさも兼ね備えてる。音楽と関係ないですが、唯一七瀬のみピックアップされたキャラのなかでジャケ裏表に登場してなくて泣いた。


楽曲単体で見ると正直インパクトは薄い。(悪いわけではない)
しかし、コンセプト、ブックレットなどを含むCD全体として見ると、作品愛が感じられる存在感のある作品へと変わりました。結果曲もより楽しめる。たまんねー。
この「花言葉」シリーズはこれからも続けていくとの事。次回作が楽しみだ。


サイトに全キャラの誕生花と花言葉が載っててなかなか面白い。
「天沢 郁未=水仙(神秘)」「倉田 佐祐理=すずらん(繊細) 」「川名 みさき=亜麻(感謝) 」「神尾 晴子=ブリオニア(拒絶)」あたりは深いなぁ。
「来栖川 綾香 =がま(従順) 」は従順な綾香……コレはコレでイイ(ぇ
製作者が誕生花にまで目を向けてキャラ設定しているかはわかりませんが、誕生日なんて本来いつになるかわからないもの。偶然つけた誕生日がキャラとぴったりの誕生花だと運命を感じますね。