PLANET LIBERATION / ALBATROSICKS

イオシス発のエレクトロポップユニット・アルバトロシクスの2nd。
1stはいまいちノリきれませんでしたが今作はハマった。ブログに楽曲コメントあり。


ARMさんの曲にmikoさん、quimさんのツインボーカルがのっかるというスタイル。
テクノ/エレクトロ・ポップを軸にしたキャッチーな曲がずらりと並んでいるのは前作と一緒ですが、今作はロック/パンク系のギターがいたるところに導入されており、良い味付けになっている。
テクノポップといえばperfumeですが、あれよりパンク寄りで人間味がある。また違ったサウンドです。
テクノ/エレクト好きでもロック好きでも受けそうな高レベルの作曲/アレンジ、萌えも泣きも操るツーボーカル、一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディー。
全曲シングルカットできそうなキラーチューンばかり。しかもひとつひとつ曲に個性があって飽きが来ないと文句無し。
イオシス系の電波要素も多少は含まれていますが、あくまでも基本は真っ当なポップス。(私の中で)ARMさんの良い部分だけが出ており、イオシスとは距離を置いてる自分でも問題無く楽しめました。
同人テクノポップというフィールドでは、私的トップに君臨していた茶太さんの「eclipse」と同等かそれ以上の傑作!


①イントロ。ちょい長すぎるのが難点か。
②いきなり泣けるボーカルでスタートしブイブイ言わせたエレクトロフレーズへとなだれ込む。メロ良いわぁ。
③ロックでピコピコなアニソン的ハイスピード楽曲。一緒に叫びたくなる掛け声、ボコーダーが良いアクセントのAメロ、熱いサビと聴き所いっぱい。
④これももハイスピード曲。アメリカのアニメなんかに使われてそう。コミカルな曲調ですが嫌らしくはなってない。二人の掛け合いが素晴らしい。
⑤全英語歌詞のゆったりしたテクノポップ。曲は悪くないんだけどCD構成上まったりするにはまだ早くないか?とも思う。
⑥サンバ・リズム+クラシカルシンセヒット+ロックギター+電波系ボーカル。面白い曲です。サビのメロが極上!「溶けたー!」のmikoさんが可愛すぎる。今作で一番好きな曲です。
⑦シリアスなエレクトロチューン。ベースが太っい。
⑧ブラスは無いけど雰囲気としてはスカパンクっぽい疾走曲。良い具合にかっ飛ばしてます。爽快。
⑨ラップ&ダーティボイスのヘヴィな一曲。重くなりすぎずポップスの範囲内なんでアルバムから浮いてはいない。ポップンに入ってそうだ。
⑩「僕はポンコツだけれど」というタイトルの時点で既にそそられる。明るさの中に哀愁を含んだテクノポップ。Bメロの掛け合い→サビの流れが素晴らしい。歌詞も良い。泣ける良曲です。
⑪レトロサウンドのポップス。CD内でこの曲だけ印象に残らないんだよなぁ。
⑫モロJ-POPなボーカルにドッキリ。ゆったりと聴かせる曲で温かい気分になれます。
⑬メルト系のピアノロック。この曲の聴き所はなんといっても二回目サビのquimさんのコーラス。ここにヤラれた人は多いでしょう。曲全体から名曲として語り継がれていきそうなオーラがでてるアンセムチューン。
⑭ラストは泣けるサビのエレクトなポップス。②と同系統の楽曲を最後に持ってくることでCD全体を挟み込む構成がニクい。イントロのエレクトロフレーズが出てくる瞬間は鳥肌モノです。最高の締め。


楽しくて、熱くて、踊れて、ちょぴり泣ける傑作。歌モノが好きならまずハズレは無いと思います。
コストパフォーマンスも良いですし、イオシスに良いイメージを持っていない人も騙されたと思って手に取ってみてはどうでしょうか?