N.C.B.N.C NO CONCEPT BUT NICE CHOICE / RMT

昔のレトロゲーから最近のゲームまで無節操なよろずゲームアレンジ。他じゃあまり見ないナイスな選曲です。


テクノ、テクノポップス、エレクトロニカ、チルアウトなど。ノリの良い曲もあり、癒される曲もあり。
テクノポップ/エレクトロニカ系のちょいチープな音作りで耳に心地よい。
音色はクラブサウンド系統なんだけどリズムはポップスっぽいのが多いです。クラブサウンドとポップスの間を行くような作風。
すさまじくハイクオリティってわけでもないし、特別な個性があるわけでもない。けど不思議とCDプレーヤーに入れたくなるんですよね。
キャッチーなメロのポップス面とリピート展開の多いクラブサウンド面のどっちにも行き過ぎないバランスがいいのかな?


①「後半ステージ(す〜ぱ〜ぷよぷよ)」アレンジ。シンプルなビートにぷよぷよらしいポップなメロ。音色がどことなく温かい。特別なことはしてないはずなのに癖になるアレンジです。
②「Tim2(Lemmings)」まったりテクノアレンジ。良い具合に力が抜けてる。
③「エンディング(マリオランド)」。メロの良さをそのままにテクノポップな音色でシンプルにアレンジ。
④「ステージ最初(グラディウス)」のハードテクノアレンジ。がっしりしたビートだけど元フレーズをループさせたウワモノは明るい。中盤の303っぷりがナイスです。ノレる。
⑤「You(ひぐらし)」のチルアウト/微エレクトロニカ・アレンジ。むちゃくちゃ深いというわけではないけど浸るには十分。メロディがぼやけた感じなのが良いのかも。
⑥「エンディング(SD刑事ブレイダー)」。これもアンニュイテクノアレンジ。良いメロディ。
⑦「夏影(AIR)」のチルアウトアレンジ。チープな音色でゆったりと。ドラムはヒップホップっぽいかな?複数のフレーズがループしてるのが気持ち良い。


なぜかわからないけどとにかくリピートしたくなるCD。
C75の同人CDではこれと次作のリピート回数うがずば抜けてます。音系から少し離れてコスプレエリアで頒布してた今作に出会えた自分は幸せ者だなぁ。
具体的にどういう人にオススメしていいのかもわからんです。エレクトロニカテクノポップが好きな人なら気に入るのかな?
かなりあやふやな書き方ですが、むちゃくちゃ気に入ってます。やっぱり音楽の好き嫌いは理論じゃない。