WX Single / FrontPage - Nankado's Website

ボーカロイド使用の3曲入りミニアルバム。


ボカロ曲にありがちなわかりやすい歌モノは無し。ボカロもシンセサイザーのひとつとしての要素が強い。
ダブな曲にアンビエントと比較的マニアックな曲調です。
「メロディ」や「リズム」より「音」に重点が置かれている印象。「音」を聴いて面白いと思うことが多々。
音周りは、はっきりしたハイハットやインダストリアル的なSEなど、ソウサクカン以前のサウンドに戻った気がします。


①レゲェなエレピ、ダビーなベース、そして鼻歌のような声が乗る。トリップしているようなメロディが癖になります。
③7分越えのダウナー・アンビエント。空間的な音使いの中にルカの声が溶け込みまくってる。うまいなぁ。次第にセカイの中心へと誘われる音世界は浸ると最高に気持ちいい。今作で一番のお気に入り。


どこかひねくれたボカロCD。
コンパクトながら個性のある作品です。