Skyward-空へ- / casket

アイリッシュ/トラッド系のオリジナルアルバム。


Mo cheol, mo chroi同様にフィドル、ホイッスル、ギターなどの北欧系楽器を使った本格的かつポップなアイリッシュ・フォーク集。
デジタル音などの小細工はあまり入れずに直球トラッド勝負です。
本場の熱気と雄大さを含む空気を持ちつつ、メロディは非常にキャッチーで聴きやすい。
お得意の飛び跳ねるような軽快なメロディラインは聴いてて気持ちいい。
ただ、ここらへんは個人の好みの問題ですが、もっと口ずさみたくなるぐらいにキャッチーにまでいっちゃってくれたほうがもっとツボにくるかも。
今作で気付いたのですが音は全て打ち込みとのこと。そうとは思えないパッションに溢れています。


①長い音で構成されたイントロ曲。これから始まる音の物語の幕開け。
②アップテンポのトラッドフォーク。終盤のホイッスルの盛り上がり具合が好き。
④コチラも軽快&ポップなトラッドフォーク。後半に泣きのメロディが一気に迫ってくる。ギターがいいなぁ。今作で一番好き。
⑦日本語歌詞のボーカル曲。。悪くは無いんだけど日本語でここまで変則的なボーカルラインは違和感があるかなぁ。唯一のボーカル曲のわりには印象が薄いのが正直な印象。


伝統的でポップなアイリッシュ・フォーク。
インスト民族系好きならまず気に入らないことは無いと思います。
もう一要素何かここならではのものがあればもっと面白くなるんじゃないかなぁとも思う。