Dear,Mr.kors k / Diverse System

beatmania ⅡDXで活躍するkors-kオンリーアレンジ。


初めて聴いた時の印象は「地味」。アゲすぎない優等生な4つ打ちが多くてインパクト不足だなと思いました。
しかし、何度も聴いているうちに味が出てきた。
そしてジワジワとお気に入りの一枚に。
ありがちなクラブサウンドアレンジ/リミックスの方向性とも言えるのですが、底力が半端無く高いのでつまらないとはまったく思わない。
グルーヴ感のある曲が多いので体がつい動いてしまう。作業中のBGMにぴったり。


①近頃のDの特攻隊長・RANDO:さんによる「ICARUS」アレンジ。お得意のレイブサウンドですがバカみたいにアゲるのでなく、クールにノらせる。1:53から始まるパートがカッコいい。クラップがツボでそのあとの声ネタも良いハネ具合。
②RIGHT STUFFさんによる「evergreen」アレンジ。裏打ちのベースとシンプルなリズムの組み合わせがおもしろいグルーヴ感を作ってる。体を揺らさずにはいられないバウンスチューン。
⑦siromaruさんによる「THE DETONATOR」シュランツアレンジ。テラーなメインリフに合わせてギュワンギュワン歪ませながらノイジービートで行進。今作でもっとも攻撃的。かっけー。
⑪Yamajetさんによる「sigsig」のハッピー・フィルターハウスアレンジ。ブリブリベースに合わせて能天気なシンセと声ネタ。サビでハウス系のピアノバッキングが入って開放感MAX。ホントこの人の曲は気持ち良いなあ。
naotyu-さんにより「Get'em up to R.A.V.E」がまさかのフィルターディスコに。うーん、オシャレ。DJ SPUGNAっぽい。
⑭LOKIさんの「sigsig」アレンジ。チップチューン、ディスコ、ラグタイム、オケ、ブレイクビーツあたりが融合したシッチャカメッチャカな曲調だけどとにかくハッピー。これは面白い!能天気かつ何気に泣き要素もあるメインメロが存分に生かされてます。また全体を支えてる力強いビートが良いね。失礼な話ですがLOKIさんにdiverseのトリが務まるかなぁと不安もありましたが見事やってくれた。
上に挙げた6曲は素晴らしい。他のアレンジもなかなかです。
ただgigadelicは……。拙者ギガデリ嫌いですから〜。


正統派でコアなアレンジCD。
kors-kアレンジにしては綺麗にまとまりすぎてるかなととっつきは悪かったものの、今では一緒に出たDear,Mr.Ryu*と同じくらいに気に入ってる。とにかく最初の2曲がたまらんです。