Dear,Mr.Ryu* / Diverse System

beatmania ⅡDXで活躍するRyu*オンリーアレンジ。


同時頒布のDear,Mr.kors kが正統派ならこっちは変化球が多い。
トランスはもちろん、メタル、ロック、ジャズ、アンビエントなどクラブサウンドに囚われない、原曲とは大きく変わったアレンジがいっぱいで面白い。
逆にRyu*が得意としているハピコア/トランスコア系は少なめ。
Ryu*曲の持つキャッチーなフレーズのおかげで非常に聴きやすい。静と動のバランスも丁度な良作です。


①「So Fabulous!!」の原曲同路線アゲアゲ・アレンジ。diverseの一曲目にハズレ無し。しょっぱなからクライマックスかと思うほどの盛り上がり。それもRyu*アレンジらしいか。
③君の美術館による「waxing and wanding」生演奏ロック・アレンジ。この裏打ちハイハット/ライドは俺を悶え死にさせるつもりかっ!たまんねぇ!!一度聴いたら忘れないあのメインフレーズがエレキになってるのも新鮮で面白い。今作で一番好きなアレンジです。
④「Harmony and Lovely」のトランスアレンジ。原曲は嫌いな部類に入るんですけどこのアレンジは好き。こんな良メロディだったのか。感動的です。
⑥「Go Beyond!!」が疾走ジャズに。コレが意外にもハマってます。面白い切り口のアレンジだ。ドラムが動きまくりでカッコイイ。
⑧bさんによる「まほろば」アレンジ。いつも通りのbさん節のアンビエント+ポップ。良い声だなぁ。
⑩「starmine」をしっとりしたアレンジに。南国の島の夜って感じ。声ネタの使い方がすごく上手いです。これは泣ける。


変化球でポップなアレンジCD。
前半のアゲアゲゾーンが好きです。Dear,Mr.kors kよりかなりとっつきやすい。
アレンジしながらも原曲の維持の仕方がうまいのでRyu*好きには文句無しにオススメ!


今回のDear二枚では、DIVERSE初参加が多数いるのですが、ベテラン勢にがんばって喰らいついてる。参加者が世代交代してきていてかなり冒険してる二枚なんじゃないでしょうか。