Anima Breaks E.P / east breaks in thousand

4曲入りアレンジEP。出展元はAirロックマン2、ひぐらしフロントミッション1。


前作に引き続きブレイクコア・アレンジ。シンプルなウワモノに激しいブレイクビーツの組み合わせ。
ワンパターンのようで前作から結構変わってる。
まずウワモノの(音/展開の)質が上がりました。今まではウワモノとブレイクビーツが分離してる感じでしたが今作ではしっかりとふたつが溶け合ってる。
次に、ブレイクビーツの音がとてもクリアになった。一つ一つの音がしっかり聴こえるようになったので聴き心地はアップ。
そして、リズムがドラマティックになったような気がします。「怒り」「暴れる」以外の感情が篭ってきた。さながら柏倉隆史toe)のドラムのよう。
またシンプルなウワモノ+ブレイクビーツというのは全曲共通してるものの、テンポを変えたり、癒し要素を入れたり、パーカスを入れたりと曲ごとにしっかりした個性が出てきているのも一歩前進してる。
ブレイクビーツのカッコよさは前作で証明済み。今作では更に楽曲全体が洗練されてきております。良作!


①「夏影(AIR)」アレンジ。ピアノとストリングスのみで原曲フレーズをなぞり、それに合わせて鋭いブレイクビーツが鳴り響く。ドラマティックと言える位に展開するリズムは文句無しにカッコイイ。超良アレンジ!
②「パスワード(ロックマン2)」。チープなシンセに合わせてリズム無視のブレイクビーツ。テンポ遅めで他の曲とはリズムの刻み方がまた違った感じ。聴いてる感覚はエレクトロニカに近い。
③「you(ひぐらし)」アレンジ。ピアノ+ブレイクビーツとここまでは前作のyouアレンジと一緒なんですが、今作はさらにストリングスとトークドラム(?)の乱打も追加。また違った印象を受けます。個人的にはこっちのほうが好き。
④「Within Living Memory(FM1)」アレンジ。ローテンポの癒しインストで始まって、後半に待ってました壊れブレイクビーツ。穏やか且つエモーショナルに締めてくれます。


聴きやすくてクールなブレイクコアCD。
名フレーズと壊れブレイクビーツが融合した①③は本当にカッコイイ。同人界隈のブレイクコア/ドラムンのなかではいま一番の期待株だと思います。とにかく「もっとカッコイイブレイクビーツを!」と芯にあるものが徹底しているので聴いてて気持ち良い。