DEATH CHARGE / YAMAGEN'S DEVILELIET

メロデス系オリジナル。同人音楽では珍しく男性ボーカル。しかもデス声使いまくり。


かなり本格的なメロデスサウンドが展開されています。後期INFLAMESやSOILWORKを思わせるモダンヘヴィネス寄りのメロデス。Aメロはデス声、サビでクリーンボイスになるのが基本構成。
ヘヴィなリフは文句無しにカッコイイし、ドラムも打ち込みと思わせないずっしりした音。
そこに色付けとしてキーボも加わることでdisarmonia mundiのような重厚なサウンドになっています。曲によってはキーボが全体を引っ張っていくような曲もある。
更に言うと、トリッキーなリフはMeshuggahやMNENICを思わせるし、分厚い音の壁はDEVIN TOWNSENDに通じるものもある。
様々なバンドの良い所を組み合わせて、そこに日本人らしいキャッチーな要素とギタリストらしいテクニカルなギターを導入することで独自のサウンドを作り出しています。
そして、ボーカルのレベルがむちゃくちゃ高い!デス声は迫力満点で低音、中音を使い分ける。クリーンボイスでメロを歌うパートもレベル高すぎ。同人にありがちなV系の歌い方ではなく、ヘヴィロック系の歌い方で曲調に合ってます
。「同人にしては」という前置きを無くしたとしても相当にレベルが高いです。
下手なミドルテンポ曲を入れずに最初から最後まで全速力で突っ走るのもグッド。頭振るもよし、エアギターするもよし、一緒に叫ぶもよし。
こんなハイクオリティな作品がポーンと出てくるとは思わなかった。


①疾走メロデス。初っ端からヘヴィなリフに吹っ飛ばされる。低音と中音のデスボイスの掛け合いがカッコイイ。サビはアニソンばりにキャッチーで耳に残る。スペーシーなキーボの味付けも良い感じ。
②更にスピードアップ。スピード感溢れるキーボがdisarmonia mundiっぽくて燃える。2:25からのリズム隊とギターがズレるのがたまらん。
③クリーンボイスで開放感溢れるサビを展開。メロデスにしては空間的な広がりのある曲です。デス声が表現力豊かですごい。
④突如挿入されるエモ/ポップパンク。とびっきりポジティブなメロでアルバムの良いアクセントになってる。どことなくMr.Orangeっぽい。明るい曲調ですが叫ぶところではしっかり叫んでる。メロ、ギター、展開、全てがツボ。名曲!
⑤明るい前曲が終わったら速攻で始まる爆速メタル。イントロのギターがすげー。全てのパートが雪崩のように押し迫ってくるのはもはや音の壁。中盤にクリーンパートを挟んでアクセントをつけるのを忘れていない。
フュージョンチックなスタートで、まったりした曲かなと思いきやすぐに疾走。全編クリーンボイスで他とはまた違った感じ。ギターは弾き倒してる。リズムは結構変態的。
⑦イントロのリフが印象的。Aメロはヘヴィ→サビで疾走と一般的な曲とは違う展開をするのが面白い。
⑧ラストはインスト・メロデス。歌うようにギターが舞っており、「最後にインストかよ〜」なんてまったく思わせない良曲に仕上がってる。サビ(?)でのギターはクサすぎて泣きそう。あとバカみたいに速いバスドラも聴き所です。ダブってるのか単音なのかわからんぐらい速い。


メジャー顔負けの超良質メロデス
サウンドメイキング、ボーカル、など全てにおいて他サークルより一歩も二歩も飛びぬけてます。
本当にカッコイイ!これは歴史的な一枚だ。
様式美なメタルのダサさはほとんど無い。激しいのが大丈夫な人ならぜひ手に取って欲しい名盤です。ぶっちぎりでM3-2009春のNO.1CD!