2012/07/14 SAVE THE NOON @ ONZIEME(石野卓球、sugirumn)

歴史的になるであろうイベントの空気に少しでも触れておきたい、とGOMA Healing Channelの帰り道に寄ってきました。
会場はオンジェム。今回はドレスコードはないけどオシャレなクラブ。イベントの性質もあっていつもより自分のようなフェス層(?)も居やすい空気だった。


到着した時は石野卓球の持ち時間1時間のうち30分経過時点ぐらい。
大音量で鳴ってる四つ打ちキックに合わせて身体を揺らす客はみんな笑顔。
フロアに入って最初のブレイク、手を挙げて歓声を上げる客を見てると自然と涙が出そうになりました。
この光景は無くしちゃいけない。


卓球さんは横浜のハコでのイベントでガサ入れがあり、プレイの真っ最中にイベント中止という目に会ってます。そんな人がこの夜にプレイしてくれた意味は大きい。
あの日の未練をぶつけるようにアゲまくりの曲を回してる。最近よくかけてるらしい「Diva - Gary Beck」ではフラッシュ炊きまくりで大盛り上がりしてました。


音に合わせて踊る客のパワーが凄かった。はしゃぎまくってる……とかなじゃなくなんだろうな?表情かな?曲をかければいつまでも踊ってるんじゃないだろうか。
電気グルーヴに『Acid House All Night Long』という曲があります。この曲名に特別な意味を持たせたくはない。


1時間も滞在できなかったけど行って良かったです。
Let's DANCE!