2013/02/28 山本精一 @ 難波ベアーズ

カバーアルバムのリリース記念ライブ。


当初は、電気グルーヴのライブと日程が被ってて諦めてたんですが「ZEPP NAMBAとベアーズならハシゴできるんじゃ?*1」と無茶なアイディアがひらめき、本当にやってしまいました。




中に入ると余裕を持って座ってたのもあるけど一応後ろまで埋まってる。平日のベアーズにしては大入り。
ベースの須原さんと一緒に演奏しているところでした。


30分前まで見てたライブとの落差がヒドイってのもあり、山本さんが恨み唄を歌ってるようにしか思えない。


1曲終えると同時に楽譜を投げ捨ててノンストップで『サルビアの花』。サッと合わせる須原さんもすごい。いつもより山本さんの歌に感情がこもってて良かったです。


須原さんが退場して、カバー集アルバムでも異彩を放つ『からっぽの世界』。
俯き加減に歌う山本さんの歌は、グワングワンと唸るフィードバックギターノイズにほとんどかき消されてる。
目の前で演奏してるのに暗闇で一人ボソボソと歌ってるように感じました。独りの怖さがゆっくりとやってくる。
終了後、客のアンコールを希望する拍手も覇気が無い。負の歌のせいでベアーズという空間が死にそうだ。


すでにかなり遅い時間でしたがアンコール応えてくれました。「遅い時間なので一曲しかできません」
思いついたようにアコギを持ってきて『ヘイヘイヘイ』。さっきの発言があったのに当然のようにもう一曲。「他(のライブ)ではやらなかった曲です」と『We Shall Over Come』
いつもの歌い方だけどこの時ばかりは力強くポジティブな感情を受け取りました。
最後アコギを軽くジャカジャカ〜。この人ほどジャカジャカが似合わない人もいないなw




最悪見れないだろうな〜と思ってたけど5曲も見れました。
今後はあまりやることも無いだろう『からっぽの世界』も聴けたし、会場限定のCD-R*2もゲットできたし、無理してでも行って良かった。


しかし電気との落差が酷かったなぁ。おなじ音楽でこうも違うのか。
客の拍手の違いも印象的でした。


*1:ZEPPからベアーズまで徒歩5分ぐらいです

*2:カバー集第二弾、めちゃくちゃ良いです。個人的に第一集より好き