2013/03/13 ヤセイのエビと蛸(溺れたエビの検死報告書、ヤセイ・コレクティブ、蛸地蔵) @ 梅田Shangri-La

目当ては溺れたエビの検死報告書
ルックスはエビ*1の衝撃ライブ映像に出会って以来、一度実際に見てみたいな、と思っていました。


客入りは70人くらい。だいぶゆとりを持ってライブを見れる良い感じに気の抜けたムードが漂ってました。


エビの先行販売CDも購入。*2物販は(おそらく)エビの中の人。姿勢低くて良い人オーラ出てるのがステージでの姿とギャップあってなんだか面白かった。

蛸地蔵

昨年にBO NINGEN来日ツアーで見たので二度目。サイケデリックガレージ・ロックなバンドです。


ボーカル・ギターのアクションが見どころ。スピンもジャンプも華麗に決まる。動きの完成度が半端ないです。
ベースもステージ上を所狭しと動くのですが、ふたりともアクションが完成されててぶつかる不安を感じませんでした。
なんだか派手な立ち回りのある歌舞伎などの日本芸能を見てるみたいでした。


音も迫力やばい。音の濃縮率が高いファズ・ギターが耳を刺激してくる。
「この日は対バンがいつもと異なるのでライブ運びも違う感じにしてる」とのMCがありましたが、確かに全体的にテンポ遅めてじっくりグルーヴを作ってた感じがします。
前回見たのがねずみ小僧の百花繚乱だとすると、今回のは歌舞伎の重み。(自分でもよくわからん例えだ
曲はアップテンポな前回の方が好みだったかなぁ。
とはいえ、一組目から良い感じにドライブしてスカッとしました。



バンドが終わったら転換DJタイム。DJはエビ。エビがDJをしているシュールな光景。クラブミュージックではなく歌謡曲やらヘンテコなポップスやらを流してました。



ヤセイ・コレクティブ

前情報はyoutubeをひとつ見たぐらいで「よくあるオサレなテクニカルインストバンドかな」ぐらいの印象でしたが、ライブを見て魅了されました。


激ウマのドラムを中心に、ボコーダーも駆使するギター、キーボード、ベース&キーボードが絡み合う構成。
イメージで持っていたオサレ系というより、マスロック手前まで足を踏み込んでる狂った注ぎ込み感がある濃密なアンサンブル。それでいてポップなフレーズとかも飛び出してくる。かなりよかったです。


ドラムのスネア上に付けてた金具(?)を組み込んだリズムが良かった!


他のジャム系バンドより難しいことやってるのに、他より難しいことやってるように感じない、っていう口当たりの良さ。
バンドマンらしくないルックスも手伝って玄人心をくすぐるサウンドでした。



次の転換DJはエビじゃなくて普通の人間。
「Shiny Foot Square Dance*3/オオルタイチ」→「遷音速*4/Harp on Mouth Sextet」→「HUMAN ERROR remix/フライングダッチマン」とすごいつなげ方。酒も飲んでるしすっかり気持よくなっちゃった〜。

溺れたエビの検死報告書

いやー、実際に動いてる現物を目の前にしてもそういう生き物にしか見えない。蛸地蔵とは違う意味で完成されてます。Man with a missionもびっくりです!


2ベース、1ギター、3ブラス、木琴、パーカスを担当してたのが3人(匹?)くらいの編成。
見た目だけじゃなく曲もめちゃくちゃおもしろい。ダンサブルだったり壮大なオーケストラチックだったり、もちろん水中ぽかったり。


木琴とかが怪獣映画のBGMみたいなんだけど、そちらに傾き過ぎずあくまでもインスト・ジャムバンドってのが中心にあって怪獣要素がまぶしてある感じ。そこが気に入りました。
一発目にやったウッドベースがきもちいい「ワシャワシャ!!グギャギャギャギャ!!!」とか、エビと一緒になって踊れるんですよね。


かっぱえびせんを投げ始めたり、フロアに降りてきたり、女の子を三匹で囲って回りながらダンスしたり*5と楽しませる要素がいっぱい。
アルテミア・ノープリウスが泳いでいる。』みたいな演劇を思わせる大人しい曲がダンサブルな曲の流れからでも違和感無くつながってるのも良かったです。


最後のパーティチューン『The Drowned Shrimps Carnival』の頃には完全にエビの世界にハマって笑顔が止まりませんでした。


アンコールは演奏/動きがストップして小さい音に合わせて震え始める『Shrimpping!』。あまりにリアル(?)な動きに「…怖い」って声がそこら中から挙がってました。役者として一流です。ステージから退場の仕方まで徹底されてた。


エビの方々はステージ上では一言も喋らず。でもすごい愛着が湧きました。


終わった瞬間口からポロリと「こりゃおもしろいわ〜」って言葉が出ました。
ライブが始まってシャングリラを出るまでエビの国に行ってました。フロアからロビーに行ったら物販に大量のエビが居たのは面白かったなぁw
ディズニーのエレクトリカル・パレードを連想しました。というのは、客が外側からショウを見る、とかじゃなくてその世界に招待される感覚がありました。



3バンドとも楽しかった!
蛸地蔵はアクションの完成度を再確認できた。ヤセイ・コレクティブはノーマークだったけどめっちゃ良かった。そして溺れたエビの検死報告書は何から何まで最高でした〜。

*1:Youtube参照

*2:いきなり一万円だしてすみません

*3:曲は自信ないです。とにかくオオルタイチ

*4:こちらも曲は自信なし。とにかくHOMS

*5:アレは動きがリアルすぎて現実の光景とは思えなかった