2013/04/12 bonanzas release party(with VERMILION SANDS、CROSSBRED、AUTORA) @ CONPASS

bonanzasの1stアルバムのリリースパーティ。
bonanzas以外も最高のメンツが揃いました。熱いライブが並んでる4月の中でもかなり期待値の高かった一本!


客はCONPASS満杯まで入ってました。
客層が大阪の濃い部分といいますか、ガサツな部分といいますか……そんな人らが集まってました。ちょっぴり怖かったですが、このメンツには合ってるかも。

VERMILION SANDS

去年末と同様にPARAの西さん、YOSHITAKE EXPEさんやSolmaniaの克己さんなども参加。


ド迫力のダブ・サウンド。メンバーの存在感も音の厚みも圧倒的。マグマのようなパワーが音に乗って襲ってきます。
その一番の元になってるのが克己さんのベース。ボディがほとんどない変形ベースは、木の棒みたいな見た目なのに会場全体をエグすぎる重低音で充満させてました。
基本は腰を据えてのどっしりした体勢で弾いてるけど、音が高まってくると長髪を振り回して動くのが迫力満点。


ボーカルは大阪のガナりですな。歌詞が大阪弁、とかじゃなくて声の出し方が大阪的。危険な香りがビンビンします。
僕の目の間にいる裸足の人が急にステージに上がってポエトリーリーディングを始めたりもしました。ポエトリーと言っても繊細なモノではなくやはりガナリの要素が強い。
重いサウンドの中、YOSHITAKEさんのギターに耳を傾けるとPARAみたいなループフレーズも弾いてて面白い。



前にシャングリラで見た時も一番手でした。このバンドはイベントの頭が似合います。
「いきなりテンションがアガる!」っていう特攻隊長的な役割って意味とは違います。
禍々しい超重低音でその日のハコをカオスの渦で充満させてしまう。いきなりのラスボスの瘴気。
客もなにげにこの日で一番人が入ってた気がします。



転換中はALTZさんのDJ。
「ブブブブ……」ってノイズ音(音楽的な要素はゼロ)を垂れ流しながら、工場で遊んでる子供の声(?)を一緒に流してるだけ。それが15分ほど。
一般人なら耳を塞いで逃げたくなる雑音。音でフロアを拷問部屋へと変貌させていました。
外でも「何あの音?」って声がチラホラ。そりゃ、あんな音がDJとは普通は思わないです。どう聴いてもトラブルやん。

CROSSBRED

女性二人組の即興デジタルサウンド。
ALTZさんのノイズを引き継いでノイズからダンスミュージックへと持っていったのは見事でした。


頭を振りながらプレイする黒ドレスの女性がめっちゃカッコ良かった。勢いのあるつまみ弄りもしびれる。
もうひとりの人はコケティッシュな雰囲気もミスマッチで良い。


ノイズと四つ打ちのミックスは脳を犯されるようにノッちゃう。凶々しいのにしっかりダンス・ミュージックとしても機能してる。気持ちいい〜。この頃から自分も完全に”ハイッて”ました。
手で小さく4カウントしての同時音止めが最高に決まってました。めっちゃ良かった!



転換のALTZさん。
今度は2つの音程のキックを延々と10分間ぐらい鳴らし続けてました。最後こそドローンシンセがうっすら入ってきたものの常識じゃ考えられないDJ。この人狂ってる……。


AUTORA

バンドセットでの登場。以前見たときは4人でしたが、この日はシンセ(?)が一人増えて5人で演奏してました。


自分はCROSSBREDですっかり暖められてたので最前列でガチノリしてました。
「MAMBA WALK」楽しいなー。


点滅の激しい照明だったのでNANIさんのドラム捌きは見えにくかった。けどやっぱこの人の叩くビート好きやわ〜。
後ろ向いてギターを弾く森さんは相変わらずマイペース。真ん前で見てたのに一回もギターの全貌が視界に入りませんでした。


日本の宴な部分をダンスミュージックにうまく持ってきたサウンド。1年半前に見た時に目立った演奏のミスも今回はほとんどありませんでした。
最後はNANIさんのドラムが暴走していってハデに終了。良かった!




最後のALTZさん。ついに同じキックを単音で延々と鳴らしてる……頭おかしいんだろうか?
途中、音が止まってセッティング中のヤスシさんに「アルツー!音出せぇーーっ!」と叫ばれてました。しかしDJブースにALTZさんの姿は見えず、当然音は出ないまま。自由すぎだろ。

bonanzas

やって来ました、この日の大ボス!
気づいたらベース・アンプ前という自殺行為な場所に陣取ってました。
めっちゃ高く伸ばされたマイクスタンドがかっこよすぎる。セッティングの時点からテンションが上がる!
吉田ヤスシさんは黒い布を被って黒魔術師みたいなルックス。



リリースパーティということでバンドも客も気合十分。
ハイハットの音が聴こえてきたらフロア熱狂。そしてスネア、ベースがド迫力で聴こえてきてヤスシさんの呪術的なボイスが飛び回る。一音一音で殺しにかかってきてる!
やっぱドラムがすごいですね。一発一発が強烈な音してるわりに細かいハイハットワークが効いてたりで完全に虜になってました。


アルバムで曲の展開を覚えたから「次爆発するぞー」って楽しみが増えました。bonanzasみたいなサウンドだと曲構成を理解してるほうが楽しめるのか、理解してないほうが楽しめるのか未知数なところがありましたが、個人的には理解してるほうが良かった!


セトリはアルバムの5曲全部+新曲もひとつやった?*1
自分はもちろんテンションあがりまくり、全力で騒いで手のひらを床や頭に打ち付けてたら3日ぐらい消えないアザができてた……。


ただ自分の目の前の女性がビデオカメラを撮ってたので100%中の100%では暴れることが出来なかったのがすんごい心残り。全部出しきるつもりでいたのにストップがかかってしまった。女性の頭を蹴り飛ばすような人間にはなれません。
モッシュも基本的に無かったなぁ。そういう客層とは違うんか?



全アクトが最高でした。振り返るとどのバンドも”隙”が無かった。だからこそ最後に自分のポジションが悪かったのは本当に悔やまれる!


bonanzasの「やったるで」な凶々しい空気がCONPASS中に充満してました。パンクの若さゆえのワイルドネスではなく、とにかく黒い破壊の空気。

*1:テンション上がりすぎて記憶が曖昧……