2013/04/18 ふんいきづくり(白波多カミンバンド、ひのきのぼう、チューバッカ) @ CONPASS

CONPASSのページ見てると白波多カミンさんが出るイベントがあったので行ってきました。CONPASSレベルの大きさのハコでカミンさんを見るのは初めてだから楽しみでした。


仕事終わりが遅くなったのでダッシュでCONPASSへ。
中に入るとフロアにソファ&テーブルを4つほど置いてあり、テーブルにはキャンドルが灯してありました。お洒落なバーみたい。”ふんいきづくり”はバッチリ!


白波多カミンバンド

途中からだったんで4曲だけ。
『ハイライト』『頭脳戦』『未発表曲A(新曲)』『畑のうた(新曲)』


この日はのカミンバンドはものすごい大音量でした。BO NINGENやDMBQなどのサイケデリック・ロックにも通じる爆音。めっちゃ気持ちよかったー。須原さんのラフに弾くベースもよく聴き取れたし、カミンさんのギターも攻めてました、
ドラムは見た目が以前とだいぶ違ったけど同じ人だよね?強引にオカズを入れて叩くのがCD音源とは違った生々しい感触を曲に与えてました。


『未発表曲A』ではノイジーなギターソロもあり。テクニックよりパワーで音に魂を宿らせる演奏はJOJO広重さんが一瞬乗り移ったかと思いました。何度かの共演の成果か?


とにかくこの日はCONPASSの強力なスピーカーによる爆音がスゴかった。CDとはだいぶ違った印象を受けました。個人的にはめっちゃアリ。爆音と切ないメロディの組み合わせはいいですなー。


最初から見れなかったのがホント残念です。


ひのきのぼう

ドラム+キーボードの女性二人組。どちらもギターをプレイする箇所もありパートにはこだわってないように見えました。


サウンドは脱力系。
スカスカの演奏にポワポワーとした子供っぽい歌。演奏/歌もそれほどうまくない。MCも締まらない。
でもハマるとキケンそうな不完全ならではの中毒性はありそうでした。クリトリック・リスのトラックみたいな。


チューバッカ

ノーチェックだったバンド。
ミュージシャンより客側の方が合いそうなルックスで「こりゃえらいのが出てきちゃったな」と思ったんですが……完全に惹きこまれました。今回の掘り出し物!
ジャンルはキラキラしたシューゲイザー/ギターポップ


万華鏡のような映像を壁一面に投影しての演奏してました。この映像がすごく効果的に働いてました。
ステージ上が暗いのでバンドの姿はほとんど見えない。そのため模様から音が出てるようにも見える幻想的な光景が繰り広げられていました。たまにライトがギターのペグに反射して光り輝くプリズムみたいになってるのも良かった。視覚演出面ではエレグラのFlyingLotusに近い衝撃を受けました。
フロアを彩るキャンドルも良い感じに味方についてた。


そんな非現実的な光景と、少し遠くから聴こえてくるように感じる儚いボーカルの組み合わせが良い。スーパーカーを思わせる爽やかなギターワークも即効性抜群。


ぶっちゃけサウンド的にはそれほど新しいことをやってるわけではないと思います。しかし映像を駆使したステージデザインと合わさることですごい化学反応が起こってる。これは一度見る価値はあるバンドですね!



客数は少なくコンパクトなイベントでしたが、爆音の白波多カミンさんと大穴だったチューバッカで私は大満足でした。

転換中にtwitterを見てるとたまたま下のツイートが目に入りました

まさにそれを目のあたりにした気がします。
あの日の20人ほどしかいないCONPASSで、宇宙にぶっ飛ぶような奇跡の空間が産まれてた。