2013/8/11 SUMMER SONIC 2013 2日目 (VOLBEAT、Perfume、CHVRCHES、JAKE BUGG、BASTILLE、KODALINE、STEREOPHONICS、The STONE ROSES)


初日はモッシュがあるようなライブは見てないし、例年よりはまだ体力残ってる状態で迎えた二日目。まー、睡眠取れたのが2時間くらいなんで死にそうではありました。


早い時間帯は予定もないし物販買おうかなー、と思ったらものすごい列。物販エリアから外枠を回ってOceanの入り口ぐらいまで並んでました。これは無理……。


Parkステージからアイドルグループっぽい声が聴こえてきたので「4〜5人で歌ってるのかな?」と近づくと15人ぐらいが狭いステージに立ってるのをみて吹き出しましたw


昨日のまま置いといたフリーテントの拠点で準備して……いざ二日目!
本日も快晴!!



VOLBEAT (OCEAN STAGE)

もっとダサい感じのメタルかと思ったらナウな感覚もある。
メタルなのにアメリカらしい爽快感。なるほど海外のフェスでは人気爆発してる、ってのもわかる気がします。


最後はSlayersの「Raining Blood」をちょこっとだけやってました。メタルなのにスカパンクばりのパーティーバンドですね。




Perfume (OCEAN STAGE)

チラッとだけ拝見。「Spending all my time」やっぱええわー。


彼女らは昨年の落雷→中止のリベンジだけど気張らずいつものPerfumeをしっかり見せてた気がします。


CHVRCHES (SONIC STAGE)

ボーカル・ローレンがかわいいと話題になった(いまもなってる)エレクトロポップ・トリオ。
髪型は好みじゃなかったけど……小さくてホントかわええ〜。


ローレンのルックスだけじゃなくて、肝心の音の方も良いバンド。
小さなハコが似合うアーティストだと思ってたけど、SONIC STAGEの派手なライティングが合ってて想像してた以上に大物感 / スケール感ありました。


男性陣のエレクトロニクス / サンプラーの演奏してる感が出てる叩き方も好き。
曲によってはローレンが演奏側に回って男性がボーカルを取る場面もあり、メインボーカルがたまたまかわいかっただけで音楽的に真面目な人らだな、と。


ガツンとくるビートでノレる!この時代にキテる感をビシビシ感じました。


もっと見たかったんだけど……話題の青年がMountainで待っているので泣く泣く移動〜。


JAKE BUGG (MOUNTAIN STAGE)

ノエル・ギャラガー大絶賛、時代の寵児として語られてる感もあったJake Bugg。*1こりゃ見とかないとイカンでしょ。


あえて後ろのほうで芝生に座りながらゆったりと聴いてました。
19歳とは思えないオールド・マナーなメロディがMountainステージの自然と融合して死ぬほど気持ちよかったです。
この場所だけ時間の経過が遅く感じました。遠いジプシーの牧場が脳内に見えた……。大好きな「Simple as this」なんて至福すぎて逝ってしまいそうでした。


One Directionへの苦言などが話題になりましたが、曲が終わるたびに何度も「サンキュー」と照れくさそうに感謝する姿は毒舌な少年というより素直な子に見えました。
歌声はCDからまったく劣化しない味のある声だし、なにげにギターが上手い。


座って2日間の疲れを癒やしながら見てましたが、最後の「lightning bolt」は最初のギターの入りから素敵すぎて我慢できず立ち上がりました。モッシュとかでごまかさない、ピュアなロックのカッコよさが光る。ソロもやばいっす。


いやー、良かった!
各所で絶賛されるのも納得のライブでした。


BASTILLE (SONIC STAGE)

こっちも見たかったけどJake Buggと被って最後の2〜3曲だけ。その短時間でも「素晴らしいライブをしてたんだろな」と思えるぐらい良かったです。

ジャンルという言葉を感じさせないくらいジャンルレスのなんでもあり。色々なモノをスマートにポップにまとめてる。GOTYEから歌重視の比率を少なくしてよりポジティブにした感じでしょうか。


「Pompeii」の「ウェオ♪ウェオ♪」の盛り上がりは最高でした。


歌もめちゃくちゃ上手いし、バンドとしての迫力もある。ちょっとしか見れなかったけどそれだけで虜になりました。
しっかり見たかったアクトのひとつです


KODALINE (SONIC STAGE)


サマソニの大本命!PVで衝撃を受けて大ハマリしました。


メンバーは好青年。幼少期に聖歌隊に入っていたというだけあって歌が上手い。演奏はそれなりにエモい。
曲の良さは折り紙つき。最上級の美メロです。ただ聴き惚れるだけじゃなく「Love Like This」「All Come Down」ではシンガロングで盛り上がったりも出来ました。
ただ僕の前にいた客が付き合いでやってきたのか全力でつまらなそうにしてたのにこっちまで冷めまくってしまって……。おかげで期待値を大幅に下回る満足度しか得られなかったのが残念極まりないです。真ん中のベストポジションを陣取ったというのに……。


感動的なPVが話題になった「All I Want」ではひときわ大きい歓声。「High Hopes」の高音メロディも完璧に歌いこなしてた。この曲大好きだ。


純粋に良い歌で勝負してる。下手なギミックでごまかそうとはしない。そんなバンドでした。
そういう意味ではライブの面白みにはかけるかな、とも思ったかも。うーん、期待値が高すぎたか。決して悪くはないけど「CDよりとびっきり良い!」という感想には至りませんでした。


STEREOPHONICS (MOUNTAIN STAGE)

ラスト数曲だけ。


Kodalineがしっとり聴かせる系だったんで、反対のどストレートなロックが効く!


しかも聴けたのが「Maybe Tommorow」「Pick a Part That's New」「The Bartender and the Thief」「Dakota」と鬼の良曲ラッシュでした。
「The Bartender〜」聴けてホント嬉しかった。ミーハーと言われようがこの曲が一番好き!


最後のドラムの全力叩きっぷりは爽快だった。くるりのクリストファーみたいな「おいおい、バンドの方向性に対してやりすぎじゃないか?」ってな感じ。
でもそれが最高!


The STONE ROSES (MOUNTAIN STAGE)


今年のサマソニの大トリにして大本命2。


フジでは見てないから、奇跡の復活をやっと目の辺りにできるわけです。
MOUNTAIN前には待ち遠しくて仕方がないって空気の人たちが集まってきます。約17年ぶりの復活なので年配の方も多い。

期待もピークに達した頃にメンバー登場。静かに始まるI wanna be adored。でも客の歓声はスゴい!イアンが歌い出したらもう完全に舞い上がってしまいました。
イアンは想像してたほど下手じゃない。いや下手なのかもしれないけど興奮でそんなの全部帳消し。とにかく目の前でストーンローゼズが演奏してることに興奮しました。

クールな佇まいのジョン、無敵のリズム隊のレニとマニ、徘徊する猿にしか見えないイアン。4人のキャラたちが半端ないです
イアンは歌わないパートになるとひたすら鈴のついた棒を振っててますます猿っぽい。しかもその鈴の棒を客側にどんどん投げてプレゼントしてました。その光景は猿が人間を餌付けするみたいでシュールでした。最終的には20セットくらい配ってたんじゃなかろうか。そんなのも合わせて「あぁローゼスを見てる……!」と。ロックレジェンドを見てる感が半端無い!



前半で一番グッと来たのは『Elephant Task』。ギター・ソロめっちゃかっこええです。しばらく頭から離れなかった。
また『Fools Gold』はイントロのベースフレーズから昇天して、後半にめっちゃ長いジャム展開が待ってるニューバージョン。ジョンのギターがウネリまくってて脳内でヤバいモンが分泌しまくりでした。



『This is the one』の時は歌詞そのままの気持ち。「これを待ってたんだ」という気持ちでいっぱいになりました。想いをバンドにぶつけるように人差し指を宙にかかげました。ガチで泣きそうだった。


ラストは『I Am the Ressurection』。後半はCD通りのジャムがスタート。Fools Goldも凄かったけどこっちも最高!
激しいジャムに高まりまくってるところにやってきた感動のフィナーレ。ステージの真ん中で抱き合うイアンとジョン。そこにレニとマニが加わって仲良さそうに抱き合う4人。特大の大歓声。あの再結成時に公開された写真とダブって。マジで泣いた。


心が120%満たされ気持ち悪いほどの笑顔を浮かべてステージをあとにしました。SUMMER SONIC 2013は最高の終わり方でした!
2013年のベストライブ!!!!



1.I Wanna Be Adored
2.Elephant Stone
3.Ten Storey Love Song
4. Sally Cinnamon
5.Standing Here
6.Shoot You Down
7.Fools Gold
8.Waterfall
9.She Bangs the Drums
10.Love Spreads
11.Made of Stone
12.Breaking into Heaven
13.This Is the One
14.I Am the Resurrection




テントエリアで帰りの支度をしながらメタリカを。
余裕で時間をオーバーしてるというのにアンコールで、ギターを下ろすふり→(客)「止めて〜!」→戻す→(客)「ワ〜!」→下ろす→(客)「止めて〜!」……というコントを10回くらい返してました。やりたい放題か。
そのあと花火を見て帰宅。帰りのバスは便数が多いからスムーズでした。



終わってみるとローゼスがすべて持っていきました。それまでの「楽しかったね」って思い出が全部ローゼスのために存在してたようにすら思える。This is the one!


今年はフリーテントエリアのおかげで快適に過ごせました。
人混みは初日はすごかったけど基本的にそこまで気にならず。自分があまり行かなかったオーシャンに人が集まってたのかな?
雨も降らず。これに関しては本当に降らなくて良かったです。
しかし、フジロック以降はフェス飯を食う気があまりなくなってしまいましたね。フジのフードが美味しすぎる。
レッドブルスミノフ、氷結……とドリンクは充実。昔はもっと選択の幅が狭かった気がする。


ノリは…手拍子する人が増えた気がします。特に初日。いや、ふさわしい場面でやってくれるならいいんだけどなんにでも手拍子となると……ロックフェスらしくはないなぁ。


しかし、二日間通して暑かった…………。


今年はTAICO、フジロック……と事前に色んなフェスに参加してたけど、自分はなんだかんだでサマソニが一番好きなんだな―、と思いました。2014も楽しみです!

*1:2013年夏当時です