読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013/09/18 So many tears [茂木欣一 / 加藤隆志 / 柏原譲]、オオヤユウスケ @ JANUS

スカパラのギター・加藤隆志スカパラ/Fishmansのドラムス・茂木欣一Fishmans/Polarisのベース・柏原譲の3人によるスーパーユニット。
こんなバンドが活動してたこと*1はJANUSのスケジュールを見るまで知らなかったんですけど、そのスーパーバンドっぷりと新曲の良さに一目惚れしてチケ購入。



JANUSに入ると「え、あれ?公演日間違えてないよね?」ってくらい年齢層が高い!しかも9:1くらいで女性が多い!40代くらいのマダムがいっぱい。あー、Fishmansj時代から追ってたらそんなもんかね。ちょっとびっくりですよ。数少ない男だし、近い年齢の人もいないしでなんだか肩身が狭かった……(笑


オオヤユウスケ

スペシャルゲストとしてPolarisボーカルのオオヤユウスケさんのソロ。
ルーパーとディレイでギターの伴奏を作っての静かな歌モノ。
澄みきった音でめっちゃ良かった!そして、あの声は反則だわ。透明すぎる。聴いてて鳥肌が立ちました。


SPENCERやPolarisの曲をやることもなく、すべてソロ用の曲。はじめて聴いた曲ばかりだけど楽しめました。


非日常的に綺麗な音楽と力の抜けたMCで場を盛り上げた……というかSo many Tearsの空気に持っていきました。OAとして素晴らしい仕事。


So many Tears

メンバーがメンバーだけにダブな要素もあるんだけど適度にポップ。また加藤さんがギターをどんどん弾きまくるからなかなかにロックでもある。いわゆる元所属バンドの二番煎じではなくこのグループならではの音を出しています。


茂木さんはスカパラでのドラムもいいけどやっぱダブなドラムで本領発揮。すごいわー。ウィスパーボイスでのMCがアイドルみたいで面白かった。
加藤さんのギタープレイは魅せ方の塊ですよね。両者のボーカルもうまい。
そして譲さんによる唯一無二のベースプレイ。
言ってしまえばFishmansのリズム隊の真ん中でスカパラなギターを弾いてるわけですから……このインパクトはすごい!



2枚出してるアルバムのほとんどの曲やったんじゃないかな?
極上のメロディで奏でられる「 (don't let go of your) PRECIOUS」でうっとり。
勢いのある「How many miles?」で「あ、このバンドは”勢い”という面でも相当なもんだぞ」と確信。
「Where is your GUN?」「Time」などメロウな曲では茂木さんと加藤さんのアダルトな色っぽさがぐいっとでてくる。珍しく譲さんがコーラスを担当する「Tropical paintings」もあるし、「Baby Drivers」ではがっつりロック。他のバンドじゃ絶対に聴けない譲さんのざくざくしたベース。かっこええー。
僕が一目惚れした「AMAZING MELODIES」はただただ最高でした。本当にすごすぎるメロディ。下にPVの動画貼っといたんで聴けばわかる!
「BRAND NEW DAYS」で本編閉めたんだったかな?これも最高のポップソング。ちょい昔のポップスを思わせるナイスハモりに泣きそうになる。


アンコールではオオヤユウスケさんを呼び込んでの四人体制。ステージの中央でギター・ボーカル。もともと真ん中のポジションがぽっかり抜けてるバンドだから違和感ありませんでした。。加藤さんとはオオヤさんはバンド活動を始める前から飲食店のバイトと客の関係でつながりがあったという驚きの縁が告白されるなど。


そしてはじまったのはFishmansの「WALKING IN THE RHYTHM」。Fishmansのリズム隊二人とPoralisのボーカルが歌うFishmansはハートが凍るようなモノでした。悲しさと張り詰めた空気で充満した会場。いや、スゴイモノを見た。
つぎにPoralisの「光と影」の半セルフカバー。違いが際立ったのが譲さんのベース。So Many Tearsではかなりポップス寄りに弾いてるんだな、と気づきました。Poralisのベースの入れ方は変態すぎる。もう全然違います。それが体験できたのはすごいおもしろい感覚だった思います。


最後は4人体制のままで「I'm in to the sun」。人力トランスにも通ずるジャムっぷりで高まっていくこの曲。全員の演奏がキレキレで熱かったー。オオヤさんと譲さんがノリノリで向かい合って弾くなんてPolarisじゃ絶対見れない光景。


客層に驚いたけど、たっぷりの演奏時間にレアなカバーと非常に満足できるライブでした。ライブとしてはPoralisよりSo Many Tearsの方が好きかもなぁ。


余談ですが、あまりに良かったんでPoralisワンマンのチケを買って帰ったのに他のライブと被ってて泣く泣く人に譲ったという泣きたくなる話もあったり。


*1:2008年に結成。2010年に初ライブ。