読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/03/23 闇鍋音楽祭2014(ソウル・フラワー・ユニオン、イースタン・ユース) @ 梅田AKASO

毎年恒例のSFUによる対バンイベント。今年は1day開催でお相手はイースタン・ユース

イースタンユース

CDJと同じく青すぎる空はじまり。イントロリフのジャジャジャジャーーン!にいきなりぶっ飛ばされます。


ベースの二宮さんは椅子に座っての演奏。飲んでる時に「俺は飛べる!」と思って飛んだ結果らしいです。*1愛すべき呑んべえ。


何度聴いても音の鋭さは唯一無二。ライブだとCDの5倍は鋭くなる。3人の歩んできた人生の重みがそのまま音に反映されているようです。
「荒野に進路を取れ」でのジャギジャギっとしたギターなんてその最たるもの。


研ぎ澄まされた演奏のなかでふと希望溢れた明るいメロが飛び出した時が気持ちいいです。「夜明けの歌」とか。


MCも独特。生きることの真理をついた発言があったと思ったら酒好きっぷりを披露する話があったりでぶっ飛んでるのに親しみやすい。
いやー、まことにロックなカッコイイライブでした。



闇鍋音楽祭の空気は変わってます。年末ソウル・フラワー祭ともまた違う。同志たちが集ってくる記念日、といった具合。
(だいたい)アウェーの対バンも真摯に受け止めるし、なによりSFUを待ち望む期待感が充満してる。大好きなイベントです。

ソウル・フラワー・ユニオン

ライブが始まるといきなりうつみようこさんの姿が!ちんどん太鼓を叩きながらパワフルなボーカルを聴かせてくれました。


美保子さんは髪の先にピンクのメッシュを入れたロックな感じがめっちゃかわいかった。ただこの日はうつみようこさんと一緒にステージを離れる時間が多かったのであまり目立たなかったのが残念。男だらけのソウル・フラワー・ユニオンってなんか変な感じだった……。
中川さんはいつもよりは花粉症がマシそう?


まずは「月光ファンファーレ」初っ端から幸福感満載!
早い段階で「荒れ地にて」。この曲のドラムの入り方は大好きです。もちろん2番の頭で乾杯を!


サヴァイヴァーズ・バンケット」「うたは自由を目指す」など定番曲でどんどん盛り上げてく。
「踊れ!踊らされる前に」は昔は発表当時はあまり好きじゃなかったけどいつのまにか「Oh Yeah!」って一緒に歌うのが楽しくなってきました。


満月の夕」もうこの曲は細々と言わなくても……とにかく色々なことがフラッシュバックします。三線を使ったのはこの曲だけでした。最近このパターン多いな。


「平和に生きる権利」「極東戦線異常無し」なども定番。全部良い曲。まったくダレることなく楽しめました。


ソウル・フラワー・ユニオンって次々にソロを決める奥野さんを筆頭に全メンバーの演奏力が高いバンドです。でも楽曲から頭の固い感じがまったくしないからテクニック面から語られることがあまり無い。なんかここのバランスがすごく珍しいバンドだと思います。


「風の市」「神頼みより安上がり」と盛り上がりまくる曲で本編終了。


アンコールではイースタン・ユースの吉野さんがゲストで参加しました。吉野さんすっかり出来上がっててタコみたいな顔になってたw
曲はなんとじゃがたらの「夢の海」とジャックスの「堕天使ロック」!「夢の海」のとびっきり明るいメロディを吉野さんが歌うのが新鮮でした。みんな笑顔で演奏しててすごく楽しそうだった!


最後に「海ゆかば山行かば踊るかばね」でお祭り騒ぎなフィナーレへ。「海ゆかば〜」のギターリフはかっこよすぎる!
そしてもういっちょ「こたつ内紛争」。奥野さんのイスを蹴りあげての気合の入りまくったキーボードソロには本気でアガりました!


吉野さんゲストというイベントはあったものの、ソウル・フラワー・ユニオン自体は特別なことをしようとするより、自分たちのいつものスタイルを一番良い形で届けようとしていた気がします。それが見事に成功してた!何度もライブで見てる曲だけど何度見ても良い!


*1:本当かはわかりませんが……