読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/04/05 in da house(ザ・なつやすみバンド、小鳥美術館、Grand Salvo、キセル、テニスコーツ、Dorian Quiet Session、ミツメ、ゑでぃまぁこん) @ 旧グッゲンハイム邸


ザ・なつやすみバンド、片想い、cero……など色んなバンドにカランでるMC Sirafuさんが主催した2dayイベント・in da house。初日だけ行ってきました。ちなみにチケットは両日とも即完売!


旧グ邸のどこにいても音が聴こえるようにスピーカー配置してステージ前だけでなく、2階のテラスでまったりしたり外でポカポカ陽気を浴びたりしながら音楽を楽しもう、というコンセプトらしいです。ただ天気が悪くて外に出ると寒かったのが残念。暖かかったら最高だったろうな〜。


一番手はMC Sirafuさんが所属するザ・なつやすみバンドから

ザ・なつやすみバンド

ステージに上がったMC Sirafuさん、どう見ても目がトローンとしてる。早くも飲み過ぎだそうな。主催ww


中川さんは旧グ邸のピアノを使ってました。
ポップなメロディが押し付けがましくなくスッと耳に入ってきてやはり素敵なバンドだなぁ、と。大好きです!
「ファンファーレ」とか中川さんの歌からのベース、ドラムの入りかたが完璧。シンプルだけど「ああ、良い!」と思える。コーラス・ワークも多用してて、あらためて考えてみるとTNBってビーチボーイズみたいだなと。ビーチとなつやすみってコンセプトもちょっと似てるし。


セトリは新曲が中心。
ワンマンや高架下音楽祭でもやってた細かいハイハット刻みの曲などに加えて完全にはじめて聴いた曲もひとつありました。「春はどこにいった」だったかな?(うろ覚え)前半はストレートなポップ。後半にガラっと雰囲気が変わってセリフっぽいコーラスを皆で重ねていく展開へ。一発で好きになるタイプじゃないけどジワジワくる曲な気がします。アルバムが楽しみだ!


旧曲は2曲。
”すでに酔ってます”のMCから派手に出だしの笛をミスった「なつやすみ(終)」と「せかいの車窓から」。良い曲です。



最後はこの日のために用意したというカーペンターズの「close to you」のカバーで終了。
イベントのスタートをいい感じに切りました。




小鳥美術館

女性ボーカルと男性ギターの歌モノデュオ。
外庭でのライブ。縁側にあるソファに座って歌ってはりました。


事前にyoutubeで見た限りちょっと変わった歌い方かな?と感じたんですが、実際に聴いてみると素直な歌声。アメリカのポップスを日本人が消化したみたいな良いメロディで幸せになれるポジティブ感に溢れていました。


モロに文系なルックスのギターもいい感じ。静かな演奏だけどなにげにライトハンド奏法をやったりと面白いことをやってました。


この日はずっと曇だったんですが、小鳥美術館のライブ中は奇跡的に晴れました。客に指パッチンを促したり良い雰囲気。


最後はアップテンポの曲で気持ちよく終わりました。声でトランペットのモノマネとかもやってて思いの外うまい!ぐっさんとタメ張れるレベル。ボーカルさんの不思議な雰囲気もあって上手いのがなんか面白かった。
ボイパもなかなか。





Grand Salvo

オーストラリアから男性ソロのギター弾き語り。


キャッチーさ少なめの穏やかな歌モノ。ウィスパーな歌い方。うーん、似た曲調が多くてちょっと眠くなったかも。
最後2曲は声を張ってて、いいなって思いました。


ステージ前で見てましたが、この人こそ2階でまったりして聴きたかったかも。うーん、過ごし方をミスった?




キセル

辻村兄弟のデュオ。バンド無しで2人だけ体制でした。


音出しに「ベガ」を演奏してました。好きな曲なので途中で中断したのが残念〜。


エフェクタ通してギターとわからなくなった変わったフレーズをルーパーでリフレインさせて + 打ち込みトラックをあわせる。そこに2人の綺麗なハーモニー。心地いいです。


MCでの仲良さそうな兄弟のやりとりもほっこりしました。


テニスコーツ

下山とコラボしたりしてた男女デュオ。
こちらも外庭でのライブ。定位置に収まらずにお客さんの間を歩きまわっての自由なライブです。


4月とは思えない寒い天候だというのにさやさんは裸足で歩きまわりながら歌ってました。
しばらくすると雨が降ってきたのでスタッフさんが傘を配りはじめる。カラフルな傘が並ぶなかを歌いながら歩いてく。なかなか見れない光景です。


MC Sirafuさんがギターの植野さんの隣に座ってハーモニカをアドリブで弾く場面も。誰ともなくキーボードを傘で守ったりほっこりした空間が広がってました。


途中、MC Sirafuさんがスティールパンを持ってきて素早くセッティング → アドリブという展開。あぁ、この空気いいなー。


客がみんな優しい笑顔を浮かべる素敵なひとときでした。




↑最初は晴れてたのに



↑雨が降り出して傘が咲く



スティールパンで加わるMC Sirafuさん。ここらへんの機転の効き方は生粋の音楽マン。



ここいらで食べ物の話をば。フード出店も充実してました。
ボタのカレーは安定のおいしさ。ピンポン食堂の抹茶ココナッツケーキも外カリ中フワでおいしい。あと個人的にヒットしたのが塩、黒コショウだけで味付けした焼き鳥。何本でも食べたくなる味でした!

dorian quiet session

やけのはら+dorianの組み合わせで名前をよく見るdorianさん。VIDEPTAPEMUSICさんとMC Sirafuさんを引き連れてのノンストップ・ヒップホップセッション。


味付け程度のピアニカやキーボードなどほんの少しの生演奏もありますが、基本的に機材を弄ってのセッション。

南国でレイドバックな雰囲気のスムーズヒップホップ。”ドリアン”って感じ。
4つ打ち”しない”し、サンプリングが全編にわたって活躍するなどdorianさんのポップネスやテクノの面よりヒップホップの側面が大きく出てた気がします。


サンプリングをまぶしてたのはおそらくVIDEOTAPEMUSICさん。サンプリングとバックスクリーンの映像がリンクしてて面白い。音(映像)選びのセンスもすごく良い。古いテレビ番組やCMからが多かったかな?


気持ちのいいトラックに絶妙なピアニカやほんのすこしだけ演奏されたスチールパンでステージとしても飽きないモノになっており、潮の音がリフレインして終わっていく最後の最後まで素晴らしい時間だった


今回のイベントは歌中心の出演者が多いけど、自分の主食は歌モノよりこういうのだなぁ、と改めて感じました。
個人的ベストアクト!




ミツメ

なんだこのルックスはー。野暮ったい感じもするし二昔前なら男前で通ってる気もする……。


曲自体はあまり聴いたことはなかったんですが”ミツメは良い”と言われてるのはよく耳にしてました。なるほど。良いと言われるのも納得。


チューリップとかふた昔前のフォーク/ロック(ニューミュージック?)にほんのりの現代・東京インディーズの感触をプラス。特異さを狙うより良いメロディ、良いフレーズ、良いモノを要所要所にしっかりと配置していく感じ。
グッドメロディに身を預けながら、下半身はしっかり揺れる感じ。これは素直に良いなぁ。


曲調のわりにベースがゴリゴリした音をかましてたのがカッコよかったです。ドラムも固いくて少しニューウェーブみたい。独特なリズム隊でした。


シンセの音とか、ギターカッティングとかすごくいい音をしてました。特に「cieder cider」のギターワークは一発で好きになった!


客を置いてく生意気な感じは東京の若いバンドらしくてコレはコレで好きだったりします。セッティングで時間押したらしっかり謝ったりしてたのでコミュニケーションが苦手って感じでしたが。


一曲ではTNBの女性陣がコーラスやキーボードでプチ参加。ステージに入りきらない中川さんは壁だけが見える端の方に隙間に”収まって”歌ってました。その様子がなんだか面白かったw


うーん、ミツメ。今後もお世話になりそうなバンドです。



ゑでぃまぁこんのセッティング中に酔ったMC Sirafuさんと植野さんがプロレスごっこをしてて周りもみんな笑顔。中学生のノリみたいで……なんかいいなぁ、こういうの。



えでぃまぁこん

過去に2回見てるけど、実のところあまり良さを見いだせてないバンドだったりします。ボアダムス関連でつい陽次郎さんばかり見てしまうからかなぁ。


この日も陽二郎さんのドラムはひとつひとつのフレーズがめっちゃ綺麗でステキでした。シンバルとかコワレモノみたいな音が出てる。ドラムってこんな繊細な音が出るものだっけ?と。
一曲では微粒子のような細かいテクニカルなドラムワークも披露してて「すげぇ!」と思いました。



全体ではやはり掴みどころがないのがなんとも……。
がっつり見るライブ以外のシチュエーションならピンとくるものが有るんじゃないかなと思いました。穏やかな雰囲気は素直に良いなと思えます。



テニスコーツの植田さんとgofishのテライさんを引き連れてのアンコール。
曲はまさかの「ウキウキWatching」!ゑでぃまぁこんがこんな明るい曲をカバーするなんて!
いいともの最終回、いやラスト一ヶ月の怒涛のスペシャルゲストなどを思い出してめっちゃ幸せな気分になりました。良い曲だなぁ。
歌が始まってテライさんが振り返ると……サングラスをかけててタモさんパートを歌い始めました。粋なことをしなさる!
「明日も来てくれるかな?」「いいとも〜!」も見事に決まりました。*1素晴らしすぎて、あとタモロスがぶり返して泣きそうになりました。


最後にもう一曲。こちらはゑでぃまぁこんの曲。テニスコーツのさやさんも呼んでゲストがコーラスを固める。こちらもポジティブな匂いがして素敵でした。


まったり終わるかと思いきや、楽しい気分で初日のフィナーレを決めました。
いや〜良かった。おかげでウキウキしながら帰りました。






MC Sirafuさんが「自分が好きなバンドばかり集めた」というこのイベント。悪いはずがなく良いアクトにたくさん出会えました。
天気が悪くて寒かったのがだけが残念!


*1:in da houseは二日間開催で明日もある