読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/05/02 Koji Nakamura、LEO IMAI @ CONPASS

DUM-DUM主催の対バン・ライブ。

ナカコーことKoji Nakamuraとしては関西で初披露のライブです。チケットはソールドアウト!
対バン相手はKoji Nakamuraの新作に作詞で参加してるLEO IMAI。

LEO IMAI

うーん、やはり迷走してるような。ただ模索中の迷走であって必ずしもネガティブな意味だけではありません。『I am LEO IMAI, We are LEO IMAI』とMCで言ってましたが、現メンバーでのLEO IMAIの良い形を探してるのかなぁ、とか思いました。
各人とも技術や個性はあるんだけどおそらく変わり種が多すぎて、メインで花になる人が居ないんじゃないかなぁ?


模索中なのは、今回のセトリに代表曲である「TAXI」も「CONNECTOR」も無しというのにも現れてると思います。確かにこのメンバーは「TAXI」みたいなストレートなロックはあまり得意としている風ではない。
かわりに「KARAOKE」や「beautiful face」など珍しい曲が加わってました。後者はギターで名曲のフレーズを弾く人力サンプリングや高速ラップなどヒップホップイズムを注入しててイカしてました。


セトリは「Omen Man」「furaibo」「metro」「karaoke」「CCTV」「beautiful face」「Tabula Rasa」「made」「tokyo light」とあと1〜2曲だったはず。




Koji Nakamura

ライブメンバーはナカコー + 田渕ひさ子(toddle、LAMA、元ナンバガ)、345(凛として時雨)、沼澤尚(iLL、THEATRE BROOK)。すごいメンバーです。スーパーカーの曲もやると事前に告知されていたのも楽しみにしてました。


ひさ子さんはブッチャーズやナンガバのエネルギッシュなギターよりしっかり刻む演奏。LAMAではひさ子さんのギターがライブのハイライトになるような扱いでしたが、ここでは曲全体をサポートする感じ。
345は僕の居た位置からはあまり見えなかったけど、しっかりと存在感を持ってパワフルなリズム形成に一役買ってました。シンセベースのように確実にグルーヴを作ってく。同じ女性ベーシストでもフルカワミキとは大きく違います。




エウレカOAの劇中曲のインスト演奏で”緊迫感”と”ダイナミズム”というナカコーのイメージとは異なるサウンドで意表をついて……いきなりの「White Surf No.5」!イントロ鳴った瞬間に身体の奥から”うわ〜〜〜っ!”ってなりました。
次に聴こえてきたのはコンガのリズムが印象的な「Wonder Word」→さらに「Kiss(iLL)」と過去のプロジェクト/バンドの曲を連発されて高まりまくり。Koji Namamuraのレコ発扱いかと思ってたらナンダコレー?!


次にKoji Nakamuraの新譜から三曲。ギターポップな「Daisy」は爽やかさ抜群。初期スーパーカーを思わせる。
『Day onf the Diamond』のリピートが気持ちいい「Diamond」。345のベースとひさ子さんのカッティングギターの絡み合いが気持ちいい。踊れる良曲です。
そしてLEO今井をゲストに呼んでの「B.O.Y.」。サビでのポップセンスの爆発はクルものがあります。新譜からは「B.O.Y」が一番良かった!
またナカコーの声も良いです。どんなメロディでもナカコーの歌になる。


スーパーカー曲は最初だけのサービスかな?と思いきや「Anthenna」「Warning Bell」「AOHARU YOUTH」「Golden Master Key」……とスーパーカー曲ラッシュじゃん!
ちょこっとアレンジされてる曲もあるけど基本は原曲から大きく壊してない。やっぱ良い曲ばかりなんだなぁ。


アンコール無し宣言のあとにはじまったのがまさかの「Sunday People」!イントロが聴こえた瞬間にうわーってなりました。最高すぎる!!いつまでも揺れながら「サンデーピープル見習って〜♪」と歌っていたかった。そんな至福の時間でした。




終わってみるとまさかの12曲中7曲がスーパーカー。レコ発扱いかと思いきや新譜からは3曲だけ。


演奏中はクール、MCの冗談にクスクス笑う女性の弦楽器隊2人。演奏中もMC中も井上陽水を思わせる笑顔でにこやかな沼澤さん。アンニュイなナカコーで各人のキャラもええなぁ。ナカコーの気の抜けた進行。MC入れるタイミング間違えたりもらしくて面白かった。

ただずっとこのメンバーでやるバンドでは無い気もする。仲悪そうとかじゃなくて各人が完成されすぎてて。


新譜は良かったし新譜メインでも全然良いと思ってました。ってかその気になってました。。でもこのスーパーカー祭りはテンション上がらずにいられません。その発想な無かったわ!


ライブ終わったあとに一番耳に残ってるのは「B.O.Y.」だったりでKoji Nakamuraとしても楽しみ。今後どういう活動をしていくのか、今回みたいなライブセトリになるのかはわからないけど楽しみにしていきたいです。


【セトリ】
White Surf No.5 (スーパーカー
Wonder Word (スーパーカー
Kiss (iLL)
Daisy (Koji Nakamura)
Diamond (Koji Nakamura)
B.O.Y (Koji Nakamura)
ANTENNA (スーパーカー
Warning Bell (スーパーカー
AOHARU YOUTH (スーパーカー
GOLDEN MASTER KEY (スーパーカー
Sunday People (スーパーカー