2014/11/16 Knotfest Japan 2014 day2(AA=、Knock Out Monkey、Amon Amarth、Five Finger Death Punch、In Flames、WAGDUG FUTURISTIC UNITY、Korn、Slipknot) @ 幕張メッセ

二日目〜。ホテルのベッドで休めたのでそんなに疲れてはない!フジの灼熱のテントに比べれば……。
会場に到着。初日よりだいぶマシだけど物販はやなり長い列〜。


飲食エリアに列用の柵が用意されたり、喫煙ブース近くに大量の長椅子が用意されたりとレイアウトが変更されてました。効果あったかは別にして改善しようとしてたみたい。
人の量は初日より明らかに多い。KORN、MWAMあたりの効果?


AA=

#4と#3の曲が中心。#1が好きなんでちょっと残念。
初期よりインダストリアル色は薄まってスムーズな印象ですかね。
#2出した頃の上田さんはステージ上でひたすらブツブツと呟いてたりと病的なパフォーマンスでしたが、いまはだいぶ爽やかになってパンクな感じになった様子。


うーん、カッコイイんだけどなにか弱い……ってのはありました。腹にくるビート/音が足りないといいますか。


亮君の病気で今回出演出来なかったホルモンへのエールを送る上田さん。ええ人やぁ。出演者がお互いを認め合ってるのをよく確認できる良い1場面でした。



Knock Out Monkey

CDではそこそこ好きなバンドなんで楽しみにしてたんですが……”あれ?ライブだとこんなに音程ずれてるんだ?!ってくらいにボーカルが頼りなかったのが残念。音も迫力不足でメロディの良さも生きてなかった印象を受けました。
この日のコンディションが原因なのか元々なのかわからないけど……うーむ。


他の出演者バンドってヘヴィネスばかり目が行きがちだけどヴォーカルも上手いんだなぁ、と逆説的に実感しました。




Amon Amarth

ノーマークだったバンドですがめっちゃ良かった!


ミドルテンポ中心のバイキングメタル。オサレから正反対の場所にあるガチなメタルっぷり。
じゃっかんの(タイバニの)スカイハイに似てる「ありがとうっ!」「ありがとうっ!ニッポン!!」の発音がうまいのとか、酒を飲み干したりする豪快なボーカルのキャラが妙に受けて会場全体が異常なまでのハマってました。
初日から合わせて会場の後ろのほうまで全員が目を奪われてるのはこの時ぐらいだった気が。


キャラだけじゃなく音楽も良かった。
勇ましいメタルなメロディが異常にカッコよくて痺れました。
ステージ後ろのイラストが描かれた幕が曲に合わせてバサッと切り替わって大量のヴァイキングの絵が登場した時は震えた……っ!


Knotfestでここまでバッリバリのメタルが受けるとは思わなんだ!




Five Finger Death Punch

スキンヘッド、アメフトウェア、ドレッド……Amon Amarthに続いてまた面白い人達がやってきましたよーって感じでここの流れ好きでした。


しっかりメタルしてるのに陽気な空気を出しまくってる。メンバーもみんなとびっきりの笑顔で演奏してる。ギターリフはメタルなのにモダンな感触があって不思議なバンドです。


ボーカルのパワフルかつフレンドリーなキャラは魅力でした。”ステージふたつとか聞いてなかったよ”といいながら逆側のステージに移動して歌ったり、ファンをステージの上にあげて結果感極まったファンが泣いてしまったり。ほっこり明るい気分でみれるショウになってました。


最後は少し時間超過しつつも「あと一曲やる」→スタッフからノーサインが出たらしく「止める気か?俺はやるぞ、Danmit!」となかなかの横暴っぷりを見せるも、そんなとこも楽しめる空気をすっかり作り上げていました。マイクをフロアに放り投げて終了。やっぱりキレてた?
マイクを通して聴こえてくる野郎たちの「FIVE! FINGER! DEATH! PUNCH!」のコールは熱かったです。


In Flames

一時期すごく好きだったバンドなんでけっこう前の方まで行ってみました。


アンダース(Vo.)がかっこええ〜。声も見た目もかっこよさに溢れています。メタルにしてはラフでモダンな感覚がある。


逆にそれ以外にココってのが無かった気もする。今風に言えばジェントっぽさもあるギターリフはかっこいいんだけど、ちょっと音圧が弱いなぁ、とか。

「Trigger」「Cloud Connected」とかあったのは嬉しかったけど「My Sweet Shadow」は無し。定番だったのに最近セトリか外すことが多くなったようです。聴きたかったなー。


WAGDUG FUTURISTIC UNITY

サウンドチェック中のKENKENのベースがすでにエグい。スラップしまくりで客も「うおおお……」ってなってました。


音の方向性的にハードコア・パンクスみたいな感じなんで、今回のメンツでは集客力は弱かった気がします。本当に前のほうだけモッシュゾーン。自分は気付いたらそこに突っ込んでました。かなり盛り上がってた。


KYONOさんはどっしり構えて吠えまくり。やはり存在感あるなぁ。
対比としてパンクスな風貌のエレクトロニクス担当(?)はステージ上を動き回って煽りまくり。拡声器で叫びまくったりmガスマスクを被ってフロアに突っ込んできたりもしてハードコア感を増長させてました。


弾丸のようにひたすら突っ走る、パンクスな勢いは2日間でも一番ありました。
ただ音は全てがごちゃっとしてて何の曲やってるか見失うこともあってちょっと不満も残るかも……。


KnotfestということでDJ STARSCREM a.k.a SLIPKNOTのSIDとの共作「HAKAI」もあり。コレこそ音ぐちゃぐちゃでよくわかんなかったけど。残念ながらSIDの登場はありませんでした。
ラストは「SYSTEMETIC PEOPLE」。サビはシンガロングしながらの大盛り上がりでしたー。


Korn

Tシャツ着用率から人気っぷりがわかるKornの出番がやってきました。
始まる前から雄叫びがあがるフロア。ドラムのサウンドチェックで重戦車みたいな重い音が聴こえてくるとさらに湧きだつ。
故・ギーガーがデザインしたマイクスタンドが登場し、「Twist」をチョッピングしたダブステSEでスタート。カッコよすぎました……。
そのままTwistをワンコーラスやって「Right Now」へ。ジョナサンの声はよく出てるしバンドの音の迫力が半端ない!ヘッドがいると厚みが違うなー。


もちろんフロアにはデカいモッシュサークルが次々と出来てみんな騒ぎまくってました。
まぁ、ちょっとサークル作りすぎなとこもありましたが……(曲が始まる前に作る、大人しい展開でも作る……など


「Falling away from me」「Got the life」「Freak on a leash」とキラーチューンを連発。個人的に嬉しかったのは2011年のサマソニでは聞けなかった「Good God」。全てのパートがイントロからして大好きなんですよねー。


ダブステ要素を吸収した最新作からの曲も多めだったけど違和感なくセトリに入ってました。客も盛り上がってた。ライブだと時代による細かい違いとかより”ド迫力、激重なKORNサウンド!!”ってのが全面に出てます。


最後、「Blind」のイントロが聴こえた瞬間にサークルがどんどん拡大。複数のサークルが合体して恐ろしい規模のサークルができた光景は超興奮しました。


モッシュしてる人達も暴力的な暴れ方というより楽しんで騒いでる人達が多くて好きな感じでした。特にBlindのアウトロでダンスしてた外国人のおっちゃん。踊りながら暴れられる。こういう人が好きだわ―。


演奏の重さも客の盛り上がりも、すべてが最高なライブでしたー。KORN最高!




Slipknot

Kornで汗ダクになったから前半は見逃して着替えようかとも思ったけども……ステージにかかってるカーテンを見るとテンションが高まってそのまま見ることにしました。


初日と違って今度は最初から前の方へ突っ込み一曲目にはモッシュピットへ。
左回りしまくるはヘドバンしまくるはでぶっ壊れてました。”これでKnotfestも最後!”と全体力を使い切るつもりで楽しんだ〜。


セトリは7割は初日と同じ。でもどの曲も初日とは比べ物にならないくらい興奮しました。やっぱりヘヴィロックは暴れながら見るのが一番っすね!
二日目だけやった「Disasterpiece」の”Noises noises people make noises♪”とか半狂乱で人壁に突っ込んだし、同じく二日目だけの「Blister Exist」でパーカスふたりのスネアワークが見れたは嬉しかったです。
あと「Before I Forgot」の”I!”をポーズ取りながら一緒に叫ぶのが異常なほど楽しくて……一番印象に残ってるのはそこかも。


終盤に「Spit it out」が始まった瞬間、どっちがステージかもわからなくなる勢いで回ったサークルは最高でした。”スワレ―”からの”Jump the Fuck up!”では暴走するように15メートル前ぐらいまで突っ込んでった。生きてきた中で一番気持ちよかった瞬間のひとつです。


体力きれきれの状態。アンコールは前日と同じく「(SIC)」→「People=Shit」→「Surfacing」の最強3曲。残りの体力を振り絞って最後まで笑顔で大騒ぎできました。
”テッコンダーペーン”を言うタイミングを完全に逃したのが心残り。


ラストの「Surfacing」とか体力切れて人とぶつかったわけじゃないのに足がもつれて倒れる人とかも出てきてました。すると周りの人が手を差し伸べて”ここまで来たら最後まで暴れ倒そうぜ!”ってな感じで肩を貸して一緒に拳をあげてたりする。ちょっと感動的なキッズの絵。最高の空間でした。




キャッチコピーの”絶狂のダークカーニバル”。まさにその通りの凶悪な音ばかりでした。でもモッシュピットのオーディエンスが心から楽しそうにしてるお祭りでもありました。
”東京だから……”とスルーしなくて大正解。行ってなかったら本当に後悔してた。


LIMP、KORN、PAPAROACH、SLIPKNOT。全部が青春の音楽。高校時代に夢みたフェスが現実に開催されたKnotfestはめちゃくちゃ楽しかった!