読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/12/13 OGRE YOU ASSHOLE @ 梅田クアトロ


フジロック2014の私的ベストアクト、オウガのレコ発ワンマンツアー!
新譜『ペーパークラフト』はそこまでハマってなくて『HOMELY』>『100年後』>『ペーパークラフト』だったりします。でもオウガはライブで大化けするから楽しみにしてました。


クアトロに入ると……お客さんいっぱい入ってる〜。だいぶマニアックな方向性に行ってると思うんですが人気あるみたいです。
会場のBGMがクラフトワークで”BOING!BOOM!CHA!”してて高まりました……はっ、ペーパー“クラフト”!?




ライブはまさかの新アレンジ「ロープ」はじまり。
近年のライブのハイライトになってた曲が一発目にきてホントに驚きました。爆発インプロはせず、打ち込みリズムをたずさえた新ver。オリジナルverよりだいぶ深化してます。がっつりハート掴まれた!
また次の「見えないルール」がたまらなく良かった。新ver.ロープで溜めて溜めて溜めたモノが中盤の四つ打ちになるアレンジで破裂して”うおああああっ!!”ってなりました。


しばらくはドープ方面なオウガが続きます。新譜からの「ムダがないって素晴らしい」「フェンスのある家」は大きくアレンジは変わっておらず。打ち込みやサポートミュージシャンは使わずに4人だけで再現してライブ映えする演奏をしていました。CDより確実に良かった!


オウガにしては長めのMC(3分くらい)を挟み、ドープにいった前半から「ライフワーク」でパァッと明るくなったのは良かったです。「また明日」と続いて最近のフェスでは見れない朗らかなオウガを目の当たりにできました。


なにかの曲の歌パートが終わったあと、ボーカル以外の3人がこの日一番の暴れっぷりで音を出してる前で出戸さんが目を閉じてただ佇んでたのが死ぬほどカッコよかったです。
あのクールな振る舞い。世界で一番カッコイイと思うフロントマンのひとりかもしれない。


「レースのコース」や「フラッグ」といった珍しい曲を経て、終盤にやってきた「夜の船」。めちゃくちゃ良いメロディ。こんなコアな音楽する人たちなのにメロディセンスは抜群にいいんだよなぁ、と再認識させてくれる曲です。


アンコールでは本日2回目の「ロープ」。今度は爆発インプロするロングver。全ての音が練りに練られてて凄まじかったです。爆発力より完成度がスゴかった。
最後は新譜のラスト曲「誰もいない」でゆっくりと終了。




現時点で日本最強のバンドのひとつだと確信させる最高のライブでした!
まさか新verなロープで始まるとは!。
なんというか全部やってくれた。いや「素敵な予感」はなかったけども。十分すぎるほどに満足です!
あと梅田クアトロの最新の照明環境がまた良いステージを創りだしてました。


レコ発……というより今まで/今のオウガを全て体験できるライブでした。
しかしオウガはこれだけライブで化けるのだから、そろそろライブ盤を出して欲しいですね〜。



1 ロープ
2 見えないルール
3 Hypnotic
4 ムダがないって素晴らしい
5 フェンスのある家
6 ライフワーク
7 また明日(alternate version)
8 いつかの旅行
9 バブル•オブ•バブル
10 レースのコース
11 フラッグ
12 夜の船
13 ペーパークラフト
14 他人の夢


アンコール
15 ロープ(Long Version)
16 誰もいない

※ネットから拾ってきました