2014/09/13 HAZIKETEMAZARE前夜祭 (KEMURI、菊地信也、笹原健太郎、東京スカパラダイスオーケストラ、麻利男兄弟、PANナコッタ、HEY SMITH)


3週連続で泉大津フェニックス!まさか自分もこんなハイペースで来るとは思いませんでした;


今回は大阪のスカバンド・HEY-SMITH主催のフェス。たしか今回が初の野外開催。その前夜祭がKEMURIスカパラと日本の2大スカバンドなので行ってきましたー。


駅からシャトルバス乗り場のBGM流してる店。今回のような初開催フェスにもちゃんと対応してて感動しました。


会場に到着するとまず目に入るのが客席のど真ん中にあるハーフパイプ。フェスに設置してあるのははじめて見た!AIR JAMやWarped Tourみたいな光景にテンション上がりましたー。
客はOTODAMAよりさらに減って超まったり。3日間の変化が面白い(笑


ステージはRUSHBALLやOTODAMAと違い、真ん中で分かれてLとRの2ステージになっていました。イベントごとにステージ組み直してるんだなぁ。OTODAMAには無かったスクリーンあり!奮発したな〜。

KEMURI

明るい時間帯に登場したKEMURI
「白いばら」で軽快にスタート。復活後の曲もちょこちょこ混ぜながらも基本は活動休止以前の曲がメイン。


オーディエンスは復活直後の”待ちに待った奇跡!”ってな貪欲さはなく、自然なモチベーションでKEMURIの音楽を楽しんでました。


テンションが上がったのがRANCIDのカバーで「TIME BOMB」!
Kemuriがやるとスカ感が増す気がする〜。始まった瞬間に火が着いたようにスカダンスはじめるお客さん達。邦楽のライブで洋楽のカバーがコレだけウケるってのは良い光景だなぁ、と。


自分もスカダンスしたり、拳振り上げたり、ピョンピョン飛んだり。人口密度が高くないので余裕のあるスペースで自由に楽しんでたのですが……途中ジャンプしてたら着地すると同時に膝から崩れ落ちるハプニングが;
5週連続フェスでさすがに膝が限界来ていたようです。自分の体重を支えられていない……こんなこと初体験でした(笑


ということで途中抑えめのノリになりながらも後半の「Heart Beat」「P.M.A」そして「Ato-Ichinen」といった名曲ラッシュに盛り上がりまくって終了。


ハードよりファン。気持よく見れました〜

白いばら
Standing in the rain
Mr. SMILING
Knockin' On The Door
new generation
TIME BOMB [Rancid]
sky without a cloud
Sun Set
Beautiful World
our PMA
Heart Beat
Live Up To Ya Rights!
P.M.A (Positive Mental Attitude)
Ato-Ichinen


菊地信也(OVER ARM THROW)
笹原健太郎(Northern19)

バンドのライブの合間に弾き語りコーナー。
がっつりやる……というより砕けたMCとサラッとした歌であっけらかんとしたムード。


この時、空に広がる夕日が綺麗で!
絶景をバックに大きなステージで弾き語り。脇にはハーフパイプ。レジャーシートにリラックスしながら見る、ってシチュエーションはなかなか心地よかった。


東京スカパラダイスオーケストラ

当たりもだいぶ暗くなってきてからのスカパラ。渋い兄さん達には夜が似合います。


スーツ姿に男らしい表情での演奏。もうスクリーンに映るワンカットワンカットがそのまま映画のワンシーンに使えそうなほどカッコイイ!
特にバリトンサックス・中谷さんのいぶし銀っぷりは反則級ですなー。


Mission Impossible Theme」「ルパン三世'78」とわかりやすい映画曲カバーで幕を開ける。一瞬でスカパラの空気に持っていきました。
ギターの加藤さんが”歌っていいですかー?”と叫んでから「Diamond In Your Heart」!この曲のポジティブなメロディはたまらんっすなー。加藤さん、ギター弾きまくりでボーカルもカッコいいとかチート状態です。


一番のビッグイベントは伊藤ふみおさんを呼び込んでの「Pride of Lions」!完全に忘れてたけどこのメンツでやらないはずがないですね!
イントロの幸福感あふれるスカなフレーズで気分が最高になりました。サビもグッとくる。何十年も日本のスカシーンを支えてきた人たちのコラボに興奮が止まりませんでした。そこまで好きな曲じゃなかったけど、生で聴くと自然とスカダンスしちゃう名曲ですねー。


他にHEY-SMITHのメンバーも参加したりしながら、「SKA ME CRAZY」「DOWN BEAT STOMP」「All Good Ska is One」と代表曲もカマして最初から最後まで大盛り上がりで突っ切りました。


ほんとにカッコいいライブバンドです。世界レベルって言葉が似合います。

Mission Impossible Theme
ルパン三世 '78
Diamond In Your Heart
ペトラーズ 2014
Pride Of Lions
5 days of TEQUILA
SKA ME CRAZY
スキャラバン(CARAVAN)
DOWN BEAT STOMP
STORM RIDER
Wild Cat
All Good Ska is One

麻利男兄弟

STOMPIN' BIRDの人とdustboxの人によるギターでマリオの曲の再現。
耳馴染みのBGMからコインの音、スターの倍速までギターで再現してました。

PANナコッタ

PANのメンバー二人で弾き語り。
夜になると風が強くて寒くなってきました。Rushballではそんなの感じたことなかったけど……秋に近づいてるんだなぁ、と。

HEY SMITH

ラストは主催のHEY SMITHがライブ。
大勢の客が2ステップ踏んでてすごい砂嵐が発生してました。


僕は後ろの方からまったり見てました。5週連続フェス楽しかったなー、とか感傷に浸りながら。
終演後には花火が上がってました。まさか前夜祭で花火アリとはっ!


出口のゲートには「Now,do you like music more?(もっと音楽が好きになった?)」とのコトバが。良いコトバだな〜。



Rushball → Otodama → Haziketemazare前夜祭、とあとになるにつれフェスの規模としてショボくなっていくその変化が面白かったです。
ショボくなる=良くない、って意味じゃなくてそれぞれの規模なりの面白さがありました。
3週連続で同じ場所とか飽きるかなぁ、と思ったけど違いが見れて楽しかった!