2015/01/16 Homecomings、平賀さち枝、Mac Demarco @ SUNHALL

Mac Demarcoは詳しくは知らないけど”新譜がめちゃくちゃ良い”というウワサは聴いてました。
メインの目的はHomecomingsと平賀さち枝さん。この2組ってことはもしかしたらあのコラボ見れるかも?と期待しながら行ってきました。

平賀さち枝

平賀さんの弾き語りでスタート。
いつもよりアンニュイ雰囲気が漂ってました。SUNHALLという地下の磁場ゆえか、1月末というダレやすい時期ゆえか。



Homecomings

マイク等に電飾を巻きつけるイルミネーション・セッティングが定着化してる;


この日のホムカミは音の感触がえらくドロッとしててシューゲイザーバンドみたいでした。ギターポップよりローファイ。Pavement好きって言ってたのも納得。


期待通りに平賀さち枝さんとのコラボもありました。
曲は「江ノ島」と「白い光りの朝に」と爽やかなはずだったんですが、どちらも天候は晴れでなく確実に霧でした(笑
ヌメっとした音の感触の真ん中をポップなメロディが通るのは、違和感ありーの新鮮さありーの。
ポップな面が前面に出てたレコ発と全体的に真反対な感じで面白かったです。同じ曲でもこんなにも変わるもんなんだなぁ。


Mac Demarco

冒頭の通り軽い気持ちで挑んだMac Demarcoにぶっ飛ばされました。*1


とにかくバンド&客&会場の雰囲気がスゴかったー!
「ここ本当に日本か?アメリカのバー・ギグ見てるんじゃ?」ってなぐらいにラフ&ファンキー。客(外国人)が天井ぶら下がったり、ステージ上がって服脱いだり、Macにステージ上らせてボブマーリー風に勝手に一曲歌ったり(しかもめっちゃ上手い;)、床が酒でベタベタになったり……。
あんなクレイジーな現場は初めてかもしれません。


曲は激しいわけでなく陽気な歌モノ。サイケじゃない踊ってばかりの国って感じかな?そこまでツボなメロディラインなわけではないのだけれど、気付いたら私もクレイジーな客と同様にハッピーに包み込まれてハイになってました。そんなマジックを持ってる音楽。


一曲目に好きな「Salad Days」。”あら、もう出しちゃうか。ガス欠しないか?”と




MCは海外のメロコアバンドみたいなフリーダム&適当感。ハチャメチャな空気を作りながら進行しておいて……「Still Together」 で突然に”うわ、死ぬほど良い声だな!”ってな歌が聴こえたときは膝から崩れ落ちそうになるくらいのシアワセ空間でした。「Still Together」のサビは2015年もっとも聴き惚れた歌声のひとつです。




陽気アンニュイだった本編からアンコールは一転。「smoke on the water」をベースにインプロ・ジヤム。これがまたカッケーのなんの!本編ではほとんど前に出さないけど演奏力めっちゃあるな!


フジロックでもなかなか体験できないレベルのクレイジーな空間。音楽と酒と笑顔で楽しんだ!


*1:一応予習に2ndは聴いときました