読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/04/06 NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS @ フェスティバル・ホール

ノエル兄さん @ フェスティバルホール
ソロの2ndアルバムがなかなか良かったので楽しみにしてました。もちろんツアーで披露してるというOASIS曲も。


1階の真ん中の一番右端という席。フェスティバルホールはクラシック/オーケストラがメインのホールなのでこれだけ近いと音は割れ気味でした。でも許容範囲。
ステージの後ろには大きなスクリーンあり。
客入れのBGMがアシュ・ラ・テンプル!意外や〜。




派手ではなく落ち着いた安定力のある演奏、そして歌。グッドメロディががっつり響いてきました。
スクリーンに映されるモノクロでのステージ映像がめちゃくちゃカッコよかった!ノエルのオーラがもうロックスターとしか言いようがないんよなー。


OASISの曲は思ったより少なかったけど「Champagne Supernova」をやってくれた!星がキラキラと輝く映像をバックに演奏されてガチの感動……。
「Don't Look Back in Anger」がまったりバージョンだったのは個人的に残念。泣きのギターソロも削られててエモーショナルさが失われてた;*1


そしてソロ曲がやはり素晴らしい!
キーポイントはなんといってもメロディ!ガッとハートを刺激してきます。
「The Death of you and me」の昭和のCMみたいなホーンも聴けて満足〜。あれ好きなんですよね。


ノエルはいつも通り口が悪くて最高でした。歓声をあげてる女性達に対して「They are monkey(猿みたいだ)」とツッコんだり。もちろんFワードは超自然に出てくる。


OASIS*2でのインパクトが思ったより弱かったので100点満点とまではいかないですが、じっくりノエルのメロディを堪能できたライブでした。
たまにはフェスティバルホールみたいな場所でロック聴くのもいいなぁ。


*1:しかし、ここで期待してたverが聴けなかった分、数ヶ月後のフジロックで興奮が倍増されることになるのです

*2:というよりドンルク