読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/05/04 こんがりおんがく祭(TURTLE ISLAND、MOST、DODDODO BAND、スチャダラパー、neco眠る、cero、オシリペンペンズ) @ 大阪城野外音楽堂

ライブ


レーベル・こんがりおんがくによる春の野外フェス〜。個人的な注目ポイントは初めて観るMOST!伝説のバンドをついに見れる〜!
お客さんになぜかサマソニT率が高かった;

TURTLE ISLAND

祭り囃子とハードコアが融合した大人数バンド。


最初はアウェー感あって盛り上がらないかと思ったけど、後半になるにつれハードコアな部分も出てきて最終的にしっかり客のハート掴んでてさすが。
5人で太鼓乱舞をしてる時がカッコ良かったなぁ。


この日、客席の柵で大きくカメラマン用のスペースを取ってて、友達と「踊りにくいなぁ。柵決壊するかなぁ」て話してた直後にハードコアな人たちが飛び込んで決壊してたw
そのあとは前方に客スペースを多くとってました。


MOST

やっと見れたMOST!オトナの激烈パンクロック!
鬼カッコよかったんだけど、モッシュとかキレた山本さんとか無かったから完全燃焼とまではいかなかったかなぁ。


茶谷さんがフィルインでスティック落としたのにそのまま一本だけで勢い殺さずにフィルイン叩ききってたのはカッコよかったなー。アレ、めっちゃ難しいです。


正直リベンジしたい!ブチギレてる山本さんが見たい!あと電流時間が生で聴きたいけど最近のライブじゃやってないんかな?


後日、手首が痛むなぁと思ったらMOSTのときに柵に打ち付けてたかでしたw他に殴るモンなかったので
自分の身体支えられないんで湯船で身体起こすのも大変;


DODDODOバンド

DODDODOバンドは知ってる曲がバンドサウンドで新しく生まれ変わってるのが面白かった。DODDODOの童話的な部分が強くなって神々しさすらありました


ベース(稲田誠)がMUSEみたいなエゲつない音出しててヤバい。
ヴァイオリンソロにあわせて蝶々が客席飛んでて超絵になってました。楽園かここはー。
クラリネットがいるバンド構成も絶妙!

スチャダラパー

気の抜けたテンションながらやっぱ盛り上げるのが上手い。ベテランの業。
「ライツ・カメラ・アクション」でDJ SHINCOがかけたneco眠るでラップしたのはうまいっ!の一言。


「Get Up and Dance」やったのがテンションあがったなー。入り方は鳥肌もんだった。ちなみに珍しくブギーバッグはやりませんでした。残念〜。


neco眠る

次は4カ月連続のneco眠る〜。
セトリは確か:
お茶
KANIMISO
SUN CITY'S GIRL
車で東京行く時
泥酔してる時
BOY

アッパーな曲ももちろんいいけど、最近は没入できるミドルテンポ曲がええなぁ。後半めっちゃ気持ちよかった〜


問題曲の「すごく安い肉」はついにセトリから外れたw
山本さんも出演してるから「mantralやるかも?」と思ってたけど…なし。逆に本人がいるとやりにくいかな?

cero

リハ中にDJのかける「いい時間/Evisbeats」に合わせてサックスの人がめっちゃ良いアドリブかましてた。この時点で良い予感!


あら?sirafuさん欠席?と思ったら遅刻だそうでwww
スタート時間ギリギリになってデカいバックパック背負ったsirafuさんが駆けつけてきたwおもしろすぎるww


2nd以前の曲は一切やらない最新モード(一曲別アレンジでやったっけ?)。
なんかベテランみたいな堂々とした佇まいで20年前からある曲を演奏してるみたいな風格だった。


アフロビートな新曲がおもしろい!なんとなくアフロビートを入れてみました、じゃなくてガチなレベルにまで仕上げてくるのがceroやなぁ。モロにフェラクティなベースが反則級。

オシリペンペンズ


トリはペンペンズ!


タコさんが客席のど真ん中で歌ったり、(情けない動きで)テントによじ登ったりでやりたい放題!テントの上から余裕ある表情で歌うモタコさんがカッコええわー


過去の代表曲を封印しての新譜から中心。ceroと同じく最新の状態を見せてきました。あ、neco眠るもそうか。


ラストはハンバート・ハンバートを呼んでカントリーロード(日本語ver.)モタコさんの歌はド下手なんだけど…不思議と感動的だったなぁ。いまでも思い出してウルッとくる。
こんがりおんがく祭、終了〜。ペンペンズで綺麗に締まるはずもなく、ぐしゃぐしゃなまま終わり。良いトリでした!



フードも充実してたし人口密度も適度なのがよかった。スタンディングゾーンが出来たのも嬉しかった。けっきょくほぼ雨もふらなかったし……良いフェスでしたわー