2015/05/09 RushBall☆R 2015(Awesome City Club、asobius、HOWL BE QUIET、RAZORS EDGE、Rhythmic Toy World、SOUL FLOWER UNION、愛はズボーン、密会と耳鳴り) @ 大阪城野外音楽堂


GREENSの春のミニイベント・RUSH BALL R。メインストリーム外からもカッコいいバンドを呼んできたり毎年おもしろいブッキングしてるイベントです。


邦楽バンドイベントなのに転換BGMがグリーンデイ、オフスプ、JEW、エヴァネッセンス、ニルヴァーナ、リンプ、RATM、インキュバスデフトーンズ、ADF、レッチリ、リンキン……世代&好みど直撃でヤバい
「しーがなびーまいがーる」まできた!あの時代に音楽にぞっこんになった人が選曲してるんだろうなぁ。


スタッフがいっぱい立ってて通路では見れないようになっています。スカンキンやこんがりおんがく祭とはまた雰囲気ちゃいますなー。
途中で雨が降ってきたけども、スタッフの人らは雨具無しなのがカワイソウでした。頑張れっ!


一番手の愛はズボーンは見れず。Awesome City Clubから!

Awesome City Club

すんごい良かった!なんというかめっちゃポップバンドでした!


ちょうどこの頃にメジャーデビュー。
バンド/曲もインディーズの空気からポップの空気になってるのがよくわかるライブでした。
野外でみんなで手を振って踊る……なんてインディーズ時代は想像できなかったもんなぁ。


ポップ化は否定的だったんですけども、「It's So Fine」の間奏部分で4人が左右にステップを合わせてたのが見事すぎるくらいに決まってて「あぁ、これか!このポップ感か!」と鳥肌がゾワっと立ちました。この時にバンドがやりたいことが見えた気がします。

FANJ TWICEでグイグイ前に出てきてたPORINさん、今回はキラキラしながらもやりすぎない感じ。これくらいの抑えめテンションのほうが好きやなぁ


密会と耳鳴り

失禁少女から改名した密会と耳鳴り。
女性パワーが爆発した熱さで良かった!


女性のヒステリックな要素は音楽/パフォーマンスにうまく昇華すると痛快やわー。
演奏レベルもかなり高い、特にギターはVシェイプギターを弾きまくりでうおおおってなりました。


ソウルフラワーユニオン

曲は:
荒れ地にて
風の市
安上がり
ムーンライト
海ゆかば
満月の夕


MCは最初の「眠い!」だけで、SFU入門編にしてベストなガチフェス仕様。
めっちゃよかった〜


ソウルフラワーユニオンは何回も見てるけど何気に初野外。やっぱり合うなー。満月の夕始まったときは視界が涙でボヤけました。


若手が多いなかでベテラン。この日のソウルフラワーユニオンは爆発力より安定感でした。こんな完成度のバンドが日本にいるってのに誇りを感じました。


Howl be quiet

PV見てもしっくりこなかったけどライブはよかった!
U2な広がりも感じるピアノロック。強引に言うならSomething Corporates meets Super Beaverみたいな?

RAZORS EDGE

この人らを野音でやらせるのがもう事件だったんだ!
まったり見に来てた客を黙らす超速ファストチューンを連発。


モッシュする場所が無いので柵を前に動かしてモッシュピット作ってカオスに。
最後はボーカルが後方フリーエリアに移動。客も一緒に大移動でフリーエリアがモッシュピットに。まことにパンクロックだった!


asobius

ボーカルが指揮棒を持って歌うバンド。編成はギター、ベース、ドラムと普通の編成です。


ボーカルのナルシストなMCがセカイの小沢を彷彿させるw
「ごめん、俺がもっとスゴかったら晴れてた」をスラっと言うのは常人じゃ無理やわ;



ここでザ・なつやすみバンド@シャングリラにハシゴするためRushball R離脱〜。
普段ライブに行かないようなバンドも見れて楽しめた!イベントの面白いトコロですな。
気になってたザ・チャレンジとWANIMA見れなかったのは残念〜。