2015/05/14 Boom Boom Satellites、tricot @ 梅田クアトロ


今となってはBoom Boom Satellites最後の全国ツアー。
このときはラストツアーになるなんて思いもしなかった。
”ニューアルバムがすばらしかったから多めにやってくれるといいなぁ”といつものツアーのように思ってた。
ただ病状が進行してるニュースは流れてたのでそれなりの覚悟で観に行ってました。




客層は意外とご年配な女性が大半。パッと見ると昨日のさだまさしとそんなに変わらない(笑
会場までのBGMがガッツリ四つ打ちで最高〜。NITZER EBBのテクノリミックスとか。田中フミヤっぽい繋ぎ。誰か回してた?

tricot

変拍子が凝りすぎて自分の中でなんか違うんよなぁ枠になってたtricot。
この日のライブはけっこうよかった。何したいかはわかった気がする。凛として時雨やポストロックよりエモ的な溜め&爆発を目指してるのかな、と。


Boom Boom Satellites

マイクスタンドが3本。この時期はサポートギターを入れてました。サポートの人が品庄の庄司に似てる(笑


一言で最高でしたー!!
ニューアルバムの曲はCDと同じく精神が空を飛んでいくような感覚がライブでも。で昔の曲でガッツリ踊らせる!


セトリはリリースされたばかりのニューアルバムが中心。
冒頭は新譜の踊れる曲で景気づけ。「BACK IN BLACK」のつんのめったグルーヴはtricotに通じるモノがあるかも。ダンスよりロックのグルーヴ。


中盤に「A Hundred Suns」から「Blind Bird」→「Embrace」→「Nine」と静かで壮大な曲のコーナーへ。ダンスロック・バンドというよりMOGWAIとかのポストロックバンドを見ている感覚。音はもちろん川島さんの伸びる声がやっぱいいんだなと痛感。


大人しいパートが終わると「FOGBOUND」でがっつり躍らせる。この曲はひたすら上がっていくため曲調でもはやトランス状態で発狂状態。「EASY ACTION」→「KICK IT OUT」と畳み掛けて本編終了。なんだかんだで「KICK IT OUT」はカッコええっす。


アンコールは「MORNING AFTER」で始まって「STAY」で終わる。
ラストの「STAY」で川島さんが客一人ひとりの目を見るようにゆっくり見渡してたのが印象的だった。最後の「また来るから」って言葉は深すぎるよ。




「STAY」のときのステージ上の光景は、川島さんの表情はいまでも脳裏に焼き付いています。このライブに行けてよかった。一生忘れません。