読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/06/16 山本精一 うたとノイズとじっけんおんがく with 西滝太、須原敬三 @ 難波ベアーズ

山本精一ノイズ企画のday2。


昨日と変わって二日目は爆音/ノイズ要素は少なめ。
1部は山本さん+西さんのアンビエント
2部は山本さん+須原さん+西さんによる歌モノ。
穏やかに別世界に連れてってくれる音にふるまい酒も加わって幸せすぎましたー

1部(山本精一 + 西滝太)

1部のアンビエントはドローン多様して……なんとなくアンビエント、のレベルじゃなくてMusic for Airportの2/2を思わせるガチなヤツ。
山本さんは持続音メイン。西さんが微妙な配分で彩りを加えてく。CD化して欲しいくらい素晴らしかったです。


中盤で西さんがヤバいほど気持ちいいシロフォンっぽい音を出してて身体の芯から持ってかれる感覚があった。
アイコンタクトとかほとんどせず。、山本さんが西さんのセンスを完全に信じきって演奏してたのもよかったなぁ。

2部(山本精一 + 西滝太 + 須原敬三 )

2部は歌モノ。


まずは山本さんソロで2曲。ギターの音も歌もいつになく生々しいライブだった気がする。飾らない感じといいますか。


ゲストが加わるとまた別モノに。須原さんのベースはドラムがいるかのように土台を作ってた。かすかに弦に指が当たる音が聴こえてくるのが良かった。
西さんはめっちゃポップな味付け like a 原田郁子。こんなポップセンスのある人だったんだ!


酒もまわって半分寝そうになりながら聴いてたけど……めちゃくちゃ気持ちよかったです。
(最高級にポジティブな意味で)曲が長く感じた。スローライフな心地よさで夢の世界に連れってくれました。


3人編成になってからの2曲目(正確な曲覚えてない;「虚空の屋根」だっけか?)での山本さんのギターソロがめちゃくちゃキャッチーかつ感情揺さぶりまくりで……あの時間は死ねるほど素敵な時間でした。なんか泣きそうになった……。



ライブ後の私物市は昨日の残り + 歌詞書いた紙やらイラストやら紙系。
"あの素晴らしい駄文以下のなにか"というブログを運用してる身として「あの素晴らしい愛をもう一度」の歌詞を貰えたのは感無量であります……。