2015/07/08 SAKANAMON @ BIGCAT

SAKANAMONのレコ発ツアー。3rd『あくたもくた』が今年のベスト3には入りそうな勢いで良作なので楽しみにしてました!



会場に到着すると……客層が若い!あれ、もしかして客のなかで自分が一番歳上なんじゃ……。





頭が一番好きな「ケセラセラ」でめちゃくちゃテンションがアガった!まさか最初とはー。
3rdの曲はライブで聴いてもやっぱ良い曲だらけ。
ベースの森野さんはPVメイキング映像みてると大人しいタイプかと思いきや、ライブ中のパフォは主張しまくり。MCもメインの勢いで喋るし結構前に出るタイプなのね。なのにメンバーからは暗いキャラで弄られてたけど(笑)


爽やかに聴かせるロックから頭振りたくなる激しいロック…となんでもござれ。「TACHNOMUSIC」の意外な再現方法、各曲のコール&レスポンスで工夫したり、ダンスチューンをノンストップで繋げたり……もちろんセトリの流れ考えられてて、とても練られてるライブで面白かったで面白かった。


旧曲もけっこうアリでボリューム満点。「ミュージックプランクトン」のイントロが異常なほどカッコよかった!大好きな「TOWER」と「爆弾魔」もやってくれて満足!




藤森さんのギターが意外とテクニシャンでした。歌いながらさりげなく細かいギターフレーズを入れてくる。
ドラムは上手いんだけど曲によってはちょい迫力不足かなぁってとこがあったかも。
全体としては演奏力より楽曲の良さとライブ構成のうまさで楽しませてくれた部分がデカいかも。




本編最後「TSUMANNE」での「つまんねぇよ!」のシンガロングは「シネ!」や「ファック!」以上にスカッと気持ちが開放される感覚がありました。”あ、こんな言葉が言いたかったんだ”って一般日本人な自分の中での発見があって……その新境地を開いた感覚になんか泣きそうになりました。




SAKANAMONはロックバンドだけどJ-POPの”なんでもあり”なテイストを今の日本で一番モノにしてるバンドなのかも。古き良きバラエティ豊かなバンド達を思い出させてくれる。19とかでもアルバムに色んなタイプの曲入ってたもんなぁ、とか。