鴉の断音符 / 飼育小屋製作委員会

第1回ふりーむゲームコンテストで見事ノベル部門賞を受賞したノベルゲーム。プレイ時間は1時間30分程。


所々にはいるカットインがテンポを悪くしています。繰り返しプレイを前提にした作りなので、スキップしていても止まってしまうのでプレイしにくい。それ以外はに気になる点は無し。
絵は上手い。落ち着いた絵柄で作風に合っている。
BGMは全て素材からですが、選曲が実に良い。お気に入りはタイトル画面の曲。ゲームを始めずに曲に浸っていました。後半になって入ってくるギターがイイ!
エンディングリストには絶妙なヒントがあるので、楽しくED集めができます。


人間のように(以上に)思考し、話す事のできる鴉ヤタが主人公。ヤタが殺人現場を眺めている場面からスタートします。
一見、サスペンスモノのスタートですが、ヤタは犯人を追うもよし、病院に入院している女の子の話し相手になるもよし、公園で子供と遊ぶもよし、と選択肢によって「自由」な物語展開がこのゲームの売り。
なんですが、自分はあまり「自由」を感じられませんでした。確かに色々な結末のEDはあるけど、EDが事件と関係がなかったというだけでは「自由」とまでは行かないのではないかと。スタートでの事件の印象が強いからか、事件が本筋、その他は脇道のよくあるマルチエンド。そんな印象でした。
しかし、けっして面白くなかったわけではありません。なにより鴉からの視点は新鮮。視点が違うだけで、他のノベルゲームとだいぶ違う印象を受けます。ヤタの思考も独特で良い。
事件を追うとちょっとした推理が必要になってくるし、病院に入院している女の子の話し相手になれば泣ける話になる。「こんな所でバッドエンド!?」と思ってしまうギャグバッドエンドも笑えるのが多いです。
お気に入りEDは1、2、5。この3つが一番キレイにまとまっている。他はEDへの持っていき方が強引だったかな。


個人的には最初の事件に絞って、もっと深みをだして欲しかったかな。センスの良さは感じるけど、あと一歩何かが足りない。それでもプレイする価値はある良作だと思います。