日本語IE7正式版を入れてみる

以前ベータで微妙な評価だったIE7の正式版が後悔されたので試しに入れてみました。
ベータ時点でインターフェースが自分に合わないとわかっていたので、引き続きsleipnirをメインに使用するのは決定事項。IEエンジンとしてのテストです。
ブラウザはsleipnir1.6,undonut,fub.netで試してみる。


まず目に付いたIE6からの変更点は

・印刷が便利に(横にはみ出す事が無くなった

・オートコンプリートで一度に表示される履歴数が増えた
この2つはIE6より良くなったといえるでしょう。2つ目は利点なのかは微妙だけど。


しかし私の環境では

・画像が多いページ(重いページ)の読み込みが遅い(気がする

sleipnirの選択範囲のリンクを開くなどで、同時に大量のタブを開くと高確率で固まる。たまにブラウザが落ちる

・同じく大量にタブを開く時、全てのタブの読み込みが終わるまで操作を受け付けない(IE6では読み込みの終わったタブから回覧できた
最後の「読み込みが終わるまで操作を受け付けない」はスムーズにブラウジングできずさストレスが溜まります。
自分はXP使用なうえ、あまり良くないPC(メモリ512MB,1.70GHz)なので高性能なパソコンならまた違った使い勝手かもしれません。


というわけで結局IE6に戻しました。プラス面よりマイナス面の方が多い。
IEエンジン使用のブラウザを使っている人は無理にIE7にバージョンアップしなくても良いでしょう。