Dm7 trial version 2.0 / みるきぃ★うぇい

ノイズサウンドノベルゲーム体験版。プレイ時間は1時間半ほど。


ショウワ84年。トーキョウはシタマチとカミマチに区分される。
”眠る”ことが出来ないシタマチの人間は差別されていた。
シタマチの住人であるエイジは大学でカミマチの女・カスミに出会うことで変わりはじめる。


ノイズサウンドノベルと名乗るだけあって病的な雰囲気。
斜めにかまえた語り口調に、ノイズ系のBGMとエフェクト、と普通のノベルゲームとは一味違います。
とはいえ、「サイコ」というほど狂っては無い。舞台のショウワ84年トーキョウは妙な現実味があり、芯にはしっかりしたストーリー展開もある。


個人的には、ストーリーにあまりのめりこめず先が読みたくなるってほどでは無かった。
独特な雰囲気なんでゲーム全体がどういう方向に向かっていくは興味ある。とりあえず他の人の感想待ちかな?