Nadir / COMPLLEGE


エロゲーアレンジ+オリジナル。出展元はClover Heart's、リトバス恋する乙女と守護の楯しろクロとマニアックなのも多い。
ちゃんとした出展元がCD、サイトとも表記されていないのでもしかしたら間違えてるかもしれません。出来れば書いて欲しいなぁ。


Kyuさん、Taishiさんが中心でXL project(特にCosmic Travelersあたり)みたいな感じのプログレッシブ・トランス、ブレイクスなどです。XL Projectよりこっちのほうが攻撃的でアゲてるかな?
エレクトロ・ハウス要素が濃く入っており、ベースは強烈な低音を唸らせています。ウワモノもアグレッシブ。
キャッチーなメロディはほとんど無いけど不思議と聴きやすい。
前作の「Zenith」はトランス色が強すぎてイマイチだったけど、今作は処女作「Gray Ocean」のような何でもアリな感じが戻ってて嬉しい。良作!


①エスニックな雰囲気のイントロ・トラック。先が期待できる②への繋ぎ。
②「Clover Heart's(Clover Heart's)」のヴォーカル・トランスアレンジ。エレクトロな音使いのプログレシッブな曲調です。サビの名メロディが体に染みる。
③「シンクロニクル(リトバス)」ベースがよく動くブレイクス。クールなビートの中、時たまポップなメロディが顔を出すのが良い。ラストはエレクトロに終了。
⑤アコギを導入したエレクトロ・ダブ。アコギの弄り具合がカッコイイ。
⑥物悲しいメロディのエレクトロ・ブレイクス。ベースが効いてて気持ち良いっす。後半に現れる泣きのストリングスにグッとくる。
⑦ztsさんによる「ともしび(リトバス)」アレンジ。10分超えの大作トランス。CD全体に合わせてかエレクトロ要素も濃い。ブレイクを挟みながらジワジワと盛り上げてラストに爆発させるお得意のパターン。この人は本当に人間の感情を揺さぶる音作りが上手い。文句無しです。
⑨⑩と組曲になっている「r.a.i.d(しろクロ)」の力作アレンジ。⑨エスニック+オケに重いギターが切りこんでまたオケへ、そして次第にトランス化とドラマチックに展開。一度落としてから⑩に繋がり2分ぐらいでテンションはピークへ。強力エレクトロビート with 力強いオケストリングス。終盤はエスニックにフェードアウトってな感じです。いや〜、聴きごたえがある。


ドラマティックかつ力強い曲ばかりのトランス/ブレイクスCD。出展元知名度の低さをまったく気にさせない良い楽曲ばかりです。
4つ打ちでキラキラ〜ってな面はあまり無いんで、トランスがそんなに好きじゃない人でもいけると思う。またBTやsashaなどのエピック・トランスアーティストがこぞって作風をチェンジした頃に似てるのでそこらへんが好きなら是非。