TYPE-R 4th -Side IIDX- / RIGHT STUFF


IIDXアレンジ。


原曲重視のアレンジです。
DIVERSEさんのDシリーズがリミックスだとすると、こっちはアレンジといったところでしょうか。
元フレーズを大切にしながら同時に新しい要素も組み入れられてて面白い。元とアレンジのバランスがばっちしな良トラック満載です。
原曲が人気曲ばかりなのが嬉しい。マニアックな選曲もいいけど、やっぱ「.59」のフレーズとかが流れてきたらテンション揚がるのが音ゲー好きの性ってもんです。文句無しの選曲。


①「GRADIUSIC CYBER」の原曲拡張系アレンジ。リズムがよりストレートに。終盤はトランシーに展開。原曲の残し方が上手い!初っ端からカッコイイアレンジ。
②「Giudecca」アレンジ。原曲をそのままロングバージョンにしたような感じ。意外性は無いけどこういうのも好きです。
③「Macho Gang」がYamajetさんによりまさかのハウスに。ノリの良さをそのままにお洒落に出来上がってます。コレはカッコイイ!ホイッスルもちゃんと残っててわかってるなぁ。ラストのライドシンバルがたまらん。今作で一番のお気に入り。
④「Narcissus at Oasis」を綺麗ドラムンに。元の曲は曲構成が嫌いなんですがメロディは好きなんで、メロディが前面に出てるこのアレンジは気に入った。
⑤「Presto」の原曲重視アレンジ。雰囲気そのままにギターを取り入れちょい泉さんっぽく。
⑥「SigSig」の騒がしい面を取っ払って落ち着いたエレトロ・ハウス化。これは新鮮かつ自然。メインフレーズが良い感じにアレンジされてます。
⑦「.59」のサイケデリック・トランスアレンジ。ギターを取り入れたロッキンなトラックが名フレーズと上手くかみ合ってナイスなアレンジになってます。
⑧「traces」のニュースタイルアレンジ。キックがドゥンドゥン鳴ってて、traces嫌いの自分でも楽しめた。
⑨「Clione」アレンジ。同じトランスながら少しハードにした感じ。原曲好きなら安心して楽しめる出来。
⑩「Ballad the feathers」のボーカル・アレンジ。原曲拡張系です。といいながら元をあんまり覚えてなかったり。間奏のギターがカッコイイ。
⑪「scar in the earth」をIIDX的なアンビエントへ。感動的なシンセが染み渡る。


聴きやすいIIDXアレンジ。かなりお気に入りです。
IIDX好きなら気に入らない人はいないでしょう。