Snowdreams / 時をかけるアイツ

Kanonアレンジ。全6曲。


基本ポップな感じでテクノ系の要素もちょこちょこと。音作りはしっかりしてます。
所々和風なフレーズが顔を出しているのが個性。Kanon + 和風って意外と合うな。融合具合はかなり自然で、「あれ?これすごい和風な雰囲気じゃん」と曲の真ん中で気づくほど。
半分はボーカル曲。女性ボーカルは多少頼りなさがあるものの、多重コーラスなどを使って効果的に曲を彩っている。そして男性MCによるラップ曲もあり。これがなかなか本格的で必聴モノです。
色々と面白いことをやっています。そのワリには全体のインパクトはそれほどでは無いところもある。暗い曲が多いからかな?


①「朝影」のピアノアレンジ。まったりとスタートと。
②「pure snows」のボーカルアレンジ。原曲の雰囲気に近いストレートなアレンジですがどことなくオリエンタルなフレーズもあるのが特徴。寂しい曲調の中、間奏のピアノが跳ねるような元気の良さがあって面白い。
③「霧海」のボーカルアレンジ。琴や笛など和風な音使われていて印象に残ります。ずっしりしたビートもカッコイイ。
④「little fragments」のテンポの速い4つ打ちJ-テクノ系トラック。
⑤今作の白眉。「last regret」「冬の花火」をラップ付きのミクスチャーへ。メロディアスなトラックにサビという構成なんでFUNKY MONKEY BABYみたいな感じ。ラップは結構しっかりしてる。リリックはKANONネタでちょっと恥ずかしいところがあるものの、適当にラップしてみたって感じではありません。高速ブレイクビーツ、フィーメールウィスパー、ラップが絡むサビがかなり良いです。これは良アレンジ。
⑥「生まれたての風」のピアノアレンジ。ラストもまったりと。


変化球を自然体で投げてくるポップなKanonアレンジ。
完成度も高いですが、それ以上に「面白い!」と言いたくなる一枚です。まだまだ次のレベルを目指せる気がするので今後に期待。いつか超良作を出しそうな気がする。