physical examination / 砂塵音樂室

ほえ猫さんの初のオリジナルミニアルバム。5曲入り。
サイトにてライナーノーツ的なものあり。


個性として完全に確立しているサンプリングをぶちこんだ強引なサウンド。オリジナルになってもスタイルはほとんど変わらず。
ダークな混沌テクノ(?)サウンド。音色はチープだし曲展開も洗練されてるとは言い難いけどなぜか癖になる中毒性は相変わらず。
本能のままに配置したかのようなサンプリングセンスが私のツボを突いてきます。
さりげなく印象に残るフレーズ/メロが多かったりするのもグッド!


①不穏なシンセにドラムサンプリングぶち込み。お得意のスタイルで幕開け。
②ちょい泣きの入ったキャッチーなメロディが紡がれる。荒削りだけどダイレクトに伝わってくるメロが癖になる。今作で一番好きな曲。何度でもリピートしたくなる。
cosmicjoker recordsさんにゲスト提供していた曲。
④ドロドロ。どことなく雰囲気がEBMっぽい。後半のリズムワークが好き。
ダンサブルなベースが印象的な新機軸。こういうのも作れるようになったのね。この曲はハチャメチャ度が低めで素直に楽曲としてかっこよく仕上がってると思う。


拙いけどつい何度も聴いてしまう。キングオブB級な一枚。
音楽理論をしっかりとわかってる人にとっては「何だ、このめちゃくちゃな曲は」と思うかもしれませんが、このアマチュア臭さが私は大好きです。音選びの嗅覚は確かなものだと思いますよ。
メジャーではまず聴けない、ある意味同人ならではのサウンド。
最近はこの人の新曲が一番楽しみだなぁ。