D13 / Diverse System

音ゲーアレンジ。サイトにライナーノーツあり。(今確認したら無くなってました。後日復活するかも?)


ベテラン勢があまり参加してなくて不安もありましたが、聴いてみたらそんな考えは吹き飛んだ。
元のフレーズをわかりやすく残しながら、原曲と違ったアプローチを見せているのが良かったです。
しっかりとクラブミュージックしていて、且つ聴きやすい。好みの曲調です。
それぞれのアレンジャーが個性的な音を出してて面白い。
開始2曲が生バンドでそこからテクノ→トランス→エレクトロニカとCDの流れがはっきりしている。
音ゲーのトランスアレンジは苦手意識があるんですが、今作の中盤に配置されているトランスアレンジ群は良かった!


個人的には初期ビーマニの有名曲アレンジが多いのが嬉しい。
やっぱり体に染み付いているフレーズがヘッドホンから聴こえてきた時はテンションがあがります。


①「凛として咲く花の如く(ポップン 15)」の生演奏アレンジ。歌謡ムードをそのままに、落ち着いた演奏でより優雅に。渋い!サビの裏ライド萌え。幸先の良いスタートです。
②「Do you love me?(ビーマニ 2nd)」のオリエンタルな癒しロックアレンジ。原曲の面影を残したまま色々と取り入れた良アレンジ。ソフトな演奏が心地良いです。このイントロを聴いてBUDDABRANDの「ブッダの休日」を思い出すのは自分だけだろうな。何となく似てないですか?
③Yamajetさんによる「SPEED TRANCE MACH 3(ⅡDX 8th)」のクリックハウスアレンジ。原曲の雰囲気から大きく変わってる。無機質なクリック音と温かいハウス要素が絶妙にミックスされてます。
④Xiang&Yuan(旧w32)さんによる「RUGGED ASH(ビーマニ 4th)」のドラムンアレンジ。相変わらず切れのあるリズムでノレる!ブレイクから戻ってきた後の「ポッ♪ポッ♪」ってフレーズが大好きです。
⑤「deep in you(ビーマニ 4th)」をエピック系のトランスへ。ブレイクで入ってくるメインフレーズに昇天。まさにdeep in youにdeep in youしたってやつです。
⑥「Deep Clear Eyes(ビーマニ 2nd)」のトランスアレンジ。シンフォニック要素を注入した壮大な一曲。スケールでけぇ。
⑦「INSERTiON(DDR 5th)」のギターをフューチャーしたトランスアレンジ。ザクザクギターがロックしてる!テンションがどんどんアガっていくレイブサウンドです。
⑩「scar in the earth(ⅡDX TROOPERS)」のダウナー系エレクトロニカアレンジ。ボーカルが深い。


高レベルなアレンジが並ぶ佳作。特にノリの良い前半は大満足の出来。
2枚組みじゃないDシリーズは評価が微妙というウチのサイトの伝統を打ち破った。
Dシリーズの中でもかなり気に入った一枚です。
音ゲー好き、特に5鍵盤ビーマニが好きな人なら間違いなくハマる!