曝獣 / MiddleIsland

オリジナル・フルボーカルアルバム。


歌謡+ゴシック+パンク+ロックってな感じ。ピアノが前面に出ているとこなんかも含めて疾走する初期・東京事変ってな雰囲気か?いや、事変よりもっと暗いか。
とにかく印象的なのがボーカル・紫さんの熱唱。低めのハスキーボイスで時にスクリーム直前までに感情が籠められた歌声にド肝を抜かしました。綺麗に歌うより表現力重視の歌い方はこの界隈じゃ珍しい。実力は本物です。
ボーカルが一人立ちしているだけでなく中島岬さんの楽曲も素晴らしい。時にゴシカルに、時にジャジーに旋律を奏でるピアノ/ストリングスは相当にクサい。しかし、メタルの様式美的クサさとはまた違い、歌謡曲を思い起こさせる日本人ならではのクサさです。
さらにHR/HM系のギターがいやらしくならない程度に鳴らされ、手数の多いドラムがリズムをキープする。そして、味付けとしてうっすらと打ち込み要素もプラス。音圧高めのパワーのある楽曲ばかりです。ボーカルラインもベタベタな歌謡メロ。
歌謡パンク、歌謡ロックとでも呼ぶべき日本人ならではの音を奏でています。


②イントロトラックに続く実質一曲目。メタリックなギターとともに突き抜ける疾走曲。サビでアニソンばりにベタなメロディになるのが良いフック。一番の聴き所は「永却途切れる日までえぇぇぇ!」のかすれ具合。
③とびっきりキャッチーなサビが耳に残る。ピアノとストリングスが華麗なロンドを踊る。ギターレスなのに勢いはまったく失速してないのがすごい。
⑤うっすらとデジロック要素も入った攻撃的ば楽曲。Aメロの凛としたストリングスがイカす。静と動の移り代わりがかっこいいです。
⑥疾走曲。メロディはベタベタでもはや演歌の域。
⑦ちょいジャジーなピアノが耳に残る大人っぽいハードロック。サビのメロディが大好き。お洒落な雰囲気ですがギターは目立ちすぎない程度にかき鳴らされまくってる。今作で一番好きな曲です。


音も歌もとにかく熱いCD。
MiddleIslandさんのCDは今作が初めてですが……嘗めてた、わたしゃ嘗めてたよ。こんなに高クオリティだったとは。
最近メジャーで流行っている歌謡っぽいロックが好きな人、同人音楽で流行ってるゴシックなロック/メタルが好きな人のどちらにもアプローチできる作品ではないでしょうか。
表現方法は同人音楽らしくないけど作り出す世界観はすごく同人音楽らしいな、と思いました。