2012/10/31 SUNN O))) Guest:CHELSEA WOLFE @ 梅田AKASO


今年のハロウィーンはドローン・ドゥーム・メタルの代名詞・SUNN O)))のライブに行ってきました。
過去の来日のレポを漁ってると、やれ音圧で死を体感しただのやれ照明が音圧で割れるを見ただので期待が高まりまくってました。
ハロウィーンにふさわしい色んな意味で危険なミュージック。


ハコの入り口には「耳は自衛してください。気持ち悪くなったら退出してください」の張り紙。
ステージを見るとアンプが12台。アンプの数え方はよくわからないのでたぶんもっとあった。ステージ脇にはバックステージに入りきらなかったであろう機材入れの箱が積み上げられてる。
うわあああ、こんなの見たことない!更に高まる期待!!


CHELSEA WOLFE

新ゴシック・クイーンの触れ込みで紹介されていた女性アーティスト。知らないアーティストだったんであえて事前知識を入れずに挑んでみました。


ギター/ボーカルのCHELSEA WOLFEに加え、ドラム、ギター、ベース/キーボードのバンド形態。
一発目から音が大きくてビビる。SUNN O)))の対バンも納得の大音量。でもまだ後ろに立ち並ぶアンプはほとんど電源入ってないんだよな。


最近徐々に流行り始めているインディ女性ミュージシャン……GRIMESやGrouperなど声を使ったアンビエント/ドローンに近いノリ。ただギターフレーズにはゴシック/ブラックメタルの匂いがあり、金切りスクリームもある。ドンヨリメタルを突き詰めていった結果でありインディ女性ミュージシャン勢の後追いではないでしょう。


風貌は白いトレンチコートで口裂け女を思わせる。普通の視点で見ればお洒落なパリジェンヌなんだけど音楽とCHELSEA WOLFEの持つオーラもありコートを開いたら内蔵飛び出てるとかグロい風貌になってそうな怖さがありました。
大音量でドンヨリとした空気が充満していってかなりよかった。予想の150%満足。
途中カバーもやってたけど誰かな?デス系っぽい。



トイレで行ったらSUNN O)))のグレッグ・アンダーソン(と思われる人)と一緒になった。SUNN O)))のメンバーと並んで立ちションしちゃった……。

SUNN O)))

照明が暗くなり、スモークが炊かれ始め、アンプからかすかなノイズが聴こえる。その状態で5分ほど待たされる。誰も喋らない。
ステージは薄暗くてよく見えない。気づいたら黒尽くめのメンバーが立ってました。まずはギター×2にキーボード。


少しづつ鳴らされるドローンギター。ギターを弾くアクションもゆっくりでスローモーションを見てるみたい。
腕を挙げたり、超ノソノソとしたフィストバンギングをしたり、ワインを回し飲みしたり……と儀式のようなパフォーマンスが中二病一歩手前(むしろ絶賛中二病?)。音だけを重視しているというよりステージの視覚情報も込みで一つのショウになってます。


で、音量は確かにすごい。耳栓してても頭が圧迫されそう。なにより着ていたスーツが常に震えてる。携帯のバイブが鳴っても絶対に気づかない状態。
音そのものはノイズとは違い荒々しくはなく、低音でズシーンと腹にくる音です。


30分ほどするとかのメイヘム・ボーカリストでもあるアッティラ・シハーが登場。
強烈なホーミーや唸るような重低音で呪術的なボーカルを音に重ねていく。しばらくすると楽器隊は一度捌けてアッティラのソロタイム。赤いレーザーを取り出して天上や自分の口を照らしての声のドローン。このアッティラソロ部分が一番おもしろかった。


最後はメンバーが戻ってきて、大きな動きはないまま約60分、静かに轟音を重ねて帰っていった。
うーん、めちゃくちゃ楽しめたか?と問われると微妙なところ。
思ったより刺激がなく、耳も思ったより普通*1、スモークも少なかった。
でも「え?もう60分経った?」と思うくらいに時間が一瞬で過ぎたのも事実です。



どうしても最近よく行ってるノイズ系のライブと比べてしまうんだけど別物なんだなぁ、と感じました。
ドローンはノイズと違って奏でる音を完全にコントロールしている。
あとSUNN O)))の場合はあくまでも超スロー。動きも音もとにかくひとつの動作/音をスローにしている。12倍速に早めたら普通にブラックメタルになるんじゃないかなって感じもしました。
だから音は大きいけど耳を刺激するような音量ではない。ただ脳髄にぐっとくるような圧迫感。ぶっちゃけCHELSEA WOLFEのほうが好みだったけど、面白い体験ができました。


あと面白かったのが、SUNN O)))のライブ中はとにかくトイレに行く人が多かったです。2分に一人くらいのペース。
あまりに強烈すぎる低音/大音量を聴くと失禁するとかいうのは本当なのかも。

*1:耳栓して自衛した状況での話し