読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/07/12 TONES vol.1(ばけばけばー、おとぼけビ~バ~、小林うてな、COUNT PHANTOM) @ 京都METRO

ライブ

2015/07/12 TONES vol.1(ばけばけばー、おとぼけビ~バ~、小林うてな、COUNT PHANTOM) @ 京都METRO
ライブ仲間のotakebiさん が企画したイベントTONESです。これが初回かな?このあとも何度か企画されてます。


実は初・京都METRO。初めていくライブハウスはワクワクする!駅直結だったり、段差になってる橋みたいな場所があったり……面白い作りのハコでした。

ばけばけばー

京都の4ピース・バンド。FUJIROCK '12のルーキーズに出たこともあるそうです。


切れ味の良いリフで突き抜けてくポストパンクに関西風味をプラス。
”どうしてその演奏スタイルになった?”ってなぐらいにのけぞりまくりの女性ベースとか、パッと見は内気っぽいのにテンションが以上に高いギタボとか……インパクト大。
なにより曲と演奏がグサグサと身体に刺さってくる気持ちよさがあってツボった!


イロモノっぽいけどロックに決めるトコは”実は”決めてた印象。
その境目がパッと見じゃわからなくて”ヘンテコだけどなんか気持ちいいぞ?”って面白い感覚になってました。
また見たいバンドだなー


おとぼけビ~バ~

チラ見やメンバーが見えない満杯状態(BOROFESTA・地下ステージ)とかでカスってきたけどしっかり見るのは初でした。
小柄な女性達なのにパワフルな演奏。たまに出てる音と見た目が脳でマッチしないことがありました(笑


関西のラフさが濃いイメージあったけどちゃんと聴くときっちりした演奏。
特にギターは細かいフレーズを鋭く編み込んでて”うおっ!”ってなった。
強度のある音が一気に迫ってくるサウンドはサムスピ・シャーロットのスプラッシュファーントが思い浮かんだり(わかる人にわかればいい;


小林うてな

今だとD.A.N.のサポートで有名になってる人ですね。 サンプラーやキーボード+声のソロライブ。
民族的なテイストにベース・ミュージックやらテクノやらハイレベルに取り込んでてめちゃくちゃ気持ちよかった!
オオルタイチMassive Attackに接近したといいますか。人間味とデジタルの見事な融合。


ここまでガチにデジタル方面の気持ちよさもあるとは思いもしなかった。Seihoさんや彼が共演してる海外アーティストとまったく引けを取らない、最新のデジタルサウンド。
良い意味で想像と全然違うサウンドだったので予想だにしない角度からぶん殴られた気分。


曲はシリアスなのに「床屋さんイメージした曲」「リンキンとケミブラを組み合わせた感じの曲」とかマイペースに変なこと言ってて面白かった。
曲中もシリアスなイントロから次に展開するはずが操作ミスって何度も同じフレーズを繰り返しちゃって自分で笑ってたり……人間味あるなぁ。


Count Phantom

名古屋の3ピース・バンド。ガレージパンクに軽くダンサブルな要素入った感じ。
ギターがノイズ寸前なエグい音出してて気持ちよかったー。フレーズもいちいちカッコイイ。
曲は無駄を削ぎ落とした作り。曲の終わりがあっさりしてて客が拍手するタイミングに戸惑うコト8割(笑


基本ちょっとトリッキーなリズムの曲多いななか、ギターの音が強烈すぎる以外はメロコアみたいな直球パンク曲もあっておもしろいな―と



初見ばかりで前情報もほとんど知らない(あえて調べなかった)出演者ばかり。
間違いないアクトばかりで楽しかった!21時くらいに終わってくれたのも帰りが楽で助かるな―。