逢季樂 / Kyu!内庁色部職楽部


KEY + αの雅楽・神楽アレンジCD。雅楽器は多くは生演奏です。
※今回のレビューは雅楽器の種類を勘違いして書いてる可能性がありますのでご了承くださいな。


雅楽器の生演奏という珍しい手法をとっている今作。
演奏力の問題なのか、雅楽器じゃ鳴らすことの出来ない音階なのか、知識不足でわかりませんが音が外れて聴こえることがある。正直なところ、聴いててムズムズしてしまう。
それでも、笙の伸びのある美しい音色、素朴だが優雅な箏の音色を聴いているうちに自然と心が洗われていくのは自分が日本人だからだろうか。
笙の音が鳴ってるだけで心地良い。


CD構成に問題があって、せっかく雅楽器の音色で幻想の世界へ旅立ってるのに、③⑥などの打ち込みが前面に出てる曲で一気に現実に引き戻されるのが残念。
どうせなら雅楽に専念するか、1部、2部で分けて欲しかった。


②「渚(CLANNAD)」のメロディを筝が奏で、天から降り注ぐように笙が吹かれる。癒されるを超えて悟りを開きたくなるような美しいアレンジです。今作で一番好き。雅楽器の音色が好きならこれは必聴。
⑨「月童(AIR)」。二胡が綺麗。雅楽器が神秘なら二胡は大自然を感じる。意識して聴いてみると面白いかも。
もうちょっと雅楽に特化した曲も欲しかったなぁ。


打ち込みには出せない神秘性が感じられる一枚。
音が外れたり、拙い打ち込みだったりとクオリティは高いとは言いがたい。
けど、拙いなりに面白い試みをしている同人らしいCDです。
こういうチャレンジングなの好きだー。