私的好きなベースプレイ

最近、黒髪の女の子が元でベースが人気だとかいうではありませんか。
つーことで、私的好きなベースプレイを集めてみましたのコーナー(ドンドンパフパフ
フレーズやらテクニックより、ライブでのアクションのカッコよさに焦点を当てて選んでます。
けいおんからほど遠い音楽のばっかりだけどな。

Deftones - Be Quiet and Drive (live)


我が人生における最高のベースプレイのひとつ。サビ前での振り回して弾く「ビィィィイイイイインン!」がカッコよすぎます。音が重いっ!(※動画間違えてた)

Mudvayne - Happy


へビィロック系統では珍しいポジションが高いベースプレイヤー。サビでのタッピングがテクニカルでスゲー。

ROVO - Kmara


ひたすら同じ音を弾いてるだけなのになんでこんなにカッコイイんだろう。ちょこっとジャンプするのが好き。

Metallica - Frantic


1:28からの姿勢はどう考えてもおかしい。これだけねちっこいベースプレイもそうそういない。個性ありまくりです。

Rancid - Maxwell Murder


パンクでベースと言えばRancid。荒いプレイがまたらしくて良い。


Rancidの新譜は買いました!
キャッチーでコンパクトな曲が連発されるけどバラエティ豊か。過去のアルバムでいうなら「...And Out Come The Wolves」のノリの「Life Won't Wait」って感じか。
う〜ん、前作ほどの衝撃は無いかなぁ。なんというかRancidにしてはっちゃけてしまってる気がする。
でも何度も聴いてるとジワジワ気に入ってきた気がしないこともない。