2014/02/13 Finch [What it is to Burn - X "Japan Tour 2014"]、UPLIFT SPICE @ 梅田クアトロ


大好きなFinchがまさかの再結成。
そして世界で一番好きな超名盤「What it is to burn」の完全再現ライブでの来日!行かない理由が1ナノメートルもありません。


ここ数回のライブはロッカー完売で泣かされてるのでダッシュで会場へ。
到着すると……あれ、めっちゃロッカーの空きがある?
フロアに降りてみると前2列ぐらいしか埋まってない……。先日のThe Get Up Kid'sといいエモの勢いはここまで落ちてるのか……。結構ショックでした。


UPLIFT SPICE

オープニングアクトに女性ボーカルのエモバンド。数年前のサマソニでのライブはよかった。ただちょっとファン層がFinchと違うような……なんで選ばれたんだろう?


以前は和の要素がちょっぴり入った凛としたエモ、ってイメージがあったんですが、今はメタルコア要素を取り込んでかなり変化してて驚きました。ベースの動きなんて完全にメタルコアのソレでしたね。ドラムは叩くモーションがブランデン(元The Used、現Rancid)っぽかった。
それでいてメタルコア/ハードコア特有のダサさを感じさせないのが良かった。軸にあるのはやはりエモでしかない。ボーカルさんずっと前髪で目が隠れてたのエモ。


来日バンドのオープニングアクトの宿命といいますか、ほとんどノってる人もいませんでした。
しか決して折れないパフォーマンスに後半は客の一部が引き込まれてた感がありました。
アウェーなポジションからすると健闘したと言えるのではないでしょうか?




Finch

「New Beginnings」のSEが聴こえてそのまま曲へ。あぁ、What is it to Burnのまんまだ!
フロアの反応は……あれ?モッシュもジャンプもしない感じなんですね、うーむ。たまにモッシュは起こるもののがっつり仁王立ちしてる人もいるから広がりにくい……。


曲順も完全に再現。2曲目にしてキラーチューンの「Letters to you」を惜しげもなく持ってくる。ギターのランディのシャウトもまだ健在です。こうやって全部の曲をやられると名曲しかないアルバムというのがよくわかります。


「ネイトは時差で100%で若干体調が悪かった」と後の情報で公開されてましたがライブで聴く分には全然行けた。シャウトもグッとくる。そして相変わらずイケメン。曲によってはギターも弾いてました。前からそうだっけ?


ランディはエモいルックスでカッコよかったのにネトゲーやってるほうが似合いそうな肥満体型になってしまっていました。1.5倍くらいになってるのでは。もうひとりのギターのアレックスは相変わらずの悟りを開いた感w


MCは少なめ。日本じゃ英語が通じないということを過去の来日で痛感したのか、ものすごく簡単な英語で喋ってました。




打ち込みのリズムが聴こえてくる = 今回一番楽しみにしてた「Project Mayhem」!
打ち込みに生ドラムを重ねて盛り上げて一気に暴走。フロアの凶暴度もこの時が一番でしたね。クソかっこいい!イントロ以外はほぼCDの構成をそのまま再現してました。大好きな曲なのにいままでの来日ライブではやらなかったので……やっと聴けた―。


本編の最後は「Ender」。ゆったりとした曲調からエモく爆発。最後はCDと同じくギター二人がエフェクターを弄りながらがっつりノイズを出していく。CDだと2分ぐらいのノイズパートだけど5分くらいやってたんじゃないかな。自分がこの3〜4年でノイズや音響系のライブをいっぱい経験したことでこのカッコよさがわかるようになってました……ってのも感傷深いものがあります。


1stのアノ曲を残してアンコール突入。
まず2ndから「Insomniatic Meat」客受けの悪さは相変わらずですがかっこいいよな。次に「Worms Of The Earth」。この曲の終盤の暴走っぷりはすごい。続いてHumの「Stars」をカバー。ここでもネイトがギター弾いててカッコ良かった―。
最後に待ってましたの「What it is to burn」。この曲のサビはシンガロングしてて本当に気持ちいい!



名曲だらけ。またFinchに会えたのが嬉しい。


ただ客はおとなしすぎたなぁ。歳を取ったのかそれともエモ、もしくはロックの客層がおとなしくなってしまったのか。まぁ、最後の方はそれなりにいい感じに温まってましたね。


一応このアニバーサリー限定の復活となってるけどそうとは思わせない現役感。ギターを中心に面白いことやってんな、ってのが昔よりわかるようになりました。


いやー、Finchはやっぱ最高!