読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/12/07 GAKU MC、Funkcuts、キッサコ @ JANUS

EAST END×YURIのラッパー・GAKU MCさんの年末ライブ。ソロになってからも大好きな人です。

Funkcuts

クラッチとトークボックス*1の2人組。
オリジナル曲やらカバーやら演奏してました。トークは身内ノリでスベリ気味だったかも。


ダフトパンク・メドレーに感動したっ!
客層的に反応イマイチだったけど場所か場所ならめっちゃ盛り上がりそう〜。


GAKU MC

GAKUさんのライブはめちゃくちゃ良かったです!今年最後のライブはこれでよかったんじゃないか?ってぐらいに素晴らしかった〜。


ギター、ベース、ドラム、キーボードを引き連れてのバンドスタイル。
「スタートライン」でゆっくりと始まり、2曲目「もしもラッパーじゃなかったら」で一気に人懐っこいハッピーな空気に。




GAKUさんの音楽/ライブはとにかく歌詞がポンポンと頭に入ってきます。
前半は「Don't Stop」「ナクスコトデシカ」「夢の叶え方」といったバラード系が並び、悲しいことも奮い立たせるメッセージも優しく届けてくれました。もうすっかり胸アツ状態。


公募で一組だけ選ばれたグループとの共演タイム。大阪ではキッサコというボーカルトリアとのコラボでした。
まずはキッサコの曲で一曲。しっかりとMCの時間をとってウェルカムしてからGAKU MC曲でコラボに選ばれたのは……ミスチル桜井さんとのユニット・ウカスカジーの曲でありサッカーWC2014の公式応援ソングにもなった 「勝利の笑みを 君と」!頭の片隅にもなかったので”それがあったか!”と膝を打ちました。
WCはそんな熱心に見なかったしこの曲もそこまで思い入れはなかったんですが”ウォオーオーオオーオオー”と勇ましく歌うシンガロングは鳥肌モンの興奮を覚えました。めちゃくちゃ良い曲だなぁ。


次は初期曲タイム。
「僕は僕でだれかじゃない」「クロール」「25℃に保たれた街」Word Music1(2000)、2(2001)の曲なんでもう15年近く前の曲。当時のPVをスクリーンに映しながらの演奏でした。驚いたのがPVに映ってる10年以上前のGAKUさんの目の輝きとステージ上にいる今のGAKUさんの目の輝きが一緒!真っ直ぐに前を見据えた少年のような目をしてて……それでいて今のGAKUさんは時とともに刻まれた渋みもあって……本当に良い歳のとり方してるなぁ、と。
「25℃に保たれた街」は当時から今まで大好きな曲。ライブでは初めて聴いて感無量でありました。””


昔にタイムスリップした次は最新へ。新曲タイムです。2曲披露。
「晴男伝説」は”俺は晴れ男!”って明るい主張をしたカラッと騒げる曲。かと思ったら終盤に「ここまで歌ってそう来るかー」とどんでん返しなリリックが飛び込んできてグッときました。やっぱこの人の作詞能力ハンパねぇっ!
「Life is Journey」は撮りたてのPVを流しながらの演奏。
自然の迫力を感じるグランドキャニオンっぽいの場所をGAKUさんが旅する内容なんですが、これが「人生は旅なんだ。一歩踏み出さなきゃ駄目なんだ。」っていうポジティブなメッセージとマッチして心底震えました。途中にある「明日は人生の残りの最初の日(うろ覚え)」ってリリックがガツンときて誇張抜きに涙ブワって出ました。言葉の内容というよりこの言葉から出る才能/人生にパワーを感じました。


ライブもクライマックスへ。
「ハタラコウ」の途中にバンドメンバー紹介。名前がコールされたら楽器演奏ではなくて歌を披露。キーボードはレリゴー、ベースはゲラゲラポー、ギターはひまわりの詩*2と2014年の代表曲を歌ってました。そしてドラムはEAST END×YURIのDA.YO.NEをラップ。そりゃもう盛り上がります!
会場の一体感に包まれたまま「昨日のNo、明日のYES」で本編は終了〜。


アンコールも3曲ほどやりました。
最後の最後「ALL YOU NEED IS RAP」ではGAKUさんが持ってきた振る舞いテキーラボトルが客席を回ってました。テキーラ振る舞うとかやっぱお祭り好きなんだなぁ、と。ポップフィールドに訴えかけられる音楽をやってる人だけど、ステージで歌うだけのノーマルな現場に収まってる人ではないです。




泣くほどよかった!ってか何度かマジ泣きした!
「音楽っていいな」に溢れた、今年最後のライブはこれでよかったんじゃないかってぐらいに素晴らしいライブでした。


GAKUさんの佇まいとやってることが「Don't Stop」の歌詞とやる前の短いMC*3の内容をそのまま体現してて、それがすんごい印象に残ったライブでした。


単純にライブが良かったのもあるし、サッカーWCの「勝利の笑みを 君と」に、レリゴーとゲラゲラポー、さらに20周年のDAYONEまで聴けて……2014年のシメの時期にこのライブに行けて本当によかったです。「2014年色々あった、楽しかった!」って心から思えたっ!


12月はホント素晴らしいライブばかり経験できてたまりません〜。


*1:ホースを噛んで声を出すとAutotuneみたいなロボットボイスになる楽器。BOOM BOOM SATELLITESがDIG THE NEW BLEEDとかで使ってる(わかりにくい例

*2:映画ドラえもん3Dの曲

*3:「続けていれば見えてくるモノがある」(相当うろ覚え)